Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

鹿児島県、Instagramの偽アカウントに注意喚起 - 個人情報を詐取

鹿児島県は、地元特産品のプレゼントキャンペーンに便乗した偽アカウントが「Instagram」で確認されたとして、注意を呼びかけた。

同県大隈地域振興局では新型コロナウイルス感染症の影響で消費が落ち込む地元特産品のアピールを目的に「食べて!飲んで!遊んで!おおすみ!!プレゼントキャンペーン」を展開しているが、同県によれば、同キャンペーンに便乗したなりすましアカウントが、Instagramで確認されたという。

今回確認された偽アカウントは、大隈地域振興局の公式アカウント「go.oh.sumi」に見せかけ、最後の「i」がひとつ多い「go.oh.sumii」を利用。キャンペーン当選やフォローなどを装い、個人情報の入力を促すダイレクトメッセージ(DM)を送付していたという。

同キャンペーンでは当選者へメールで連絡を取るとしており、Instagramより個別にDMを送信することはないと説明。Instagramの偽アカウントよりDMを受け取った場合は、記載されているURLのクリックや、個人情報の入力、返信、フォローなどは行わず、削除して偽アカウントをブロックするよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2021/02/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

J-CSIPへの情報提供が約2.6倍に - 過去の受信メールにも注意を
フィッシングサイトの約4割が「三菱UFJニコス」を悪用 - 偽NHKにも注意
2Qセキュ相談、前四半期比約25%減 - 半減するも依然多い「Emotet」相談
2021年度下半期、標的型攻撃対応で62件の緊急レスキュー実施
2022年1Qクレカ不正利用被害、前期比7.4%増 - 約100億円を突破
6月のフィッシングサイト、過去最多を大幅更新 - 同一IPアドレス上で多数稼働
2021年のフィッシング報告、後半に増加 - 狙う業種は「金融」から「通信事業者」に
J-CSIP、標的型攻撃情報29件を共有 - FAX起点とするBECも
対ウクライナDDoS攻撃の余波を観測 - JPCERT/CC
2022年1Qのセキュ相談、前四半期比4割増 - Emotet関連が約54.7倍