Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

相談窓口の顧客情報に外部アクセス、設定不備で - バンダイ

設定に不備が存在した期間や不備が生じた経緯については調査中で、対象となるシステムに保管されていた顧客情報の具体的な件数についてもコメントを避けている。

両社では、1月29日に個人情報保護委員会へ報告。対象となる顧客には事情の説明と謝罪を行う。相談窓口の電話対応については再開しているが、メールやチャットなどを用いた窓口対応は現在もメインテナンスを実施しており、休止している。

(Security NEXT - 2021/02/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

SMBC信託銀のクラウド設定ミス、暗号化暗証番号が平文で閲覧も
「Salesforce」で設定不備、外部アクセスにより情報が流出 - JICA
SMBCグループ2社、クラウド設定不備で顧客情報に外部アクセス - バグで対象者特定できず
「Salesforce」のアクセス権限設定で不備 - コナミ関連2社
クラウド顧客管理システムに設定不備、調査で判明 - ホーユー
クラウド設定不備による情報流出は発生せず - freee
クラウド設定不備で個人情報に外部アクセス - イオン銀
「Salesforce」ベースの自治体向けサービスで設定不備 - 71団体が導入
問合フォームの入力情報が閲覧可能に - アドバンテッジEAP
神戸市の情報サービスが外部より閲覧可能に - 設定不備で