Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

相談窓口の顧客情報に外部アクセス、設定不備で - バンダイ

バンダイおよびBANDAI SPIRITSは、両社で共同利用する顧客情報が、外部の第三者によりアクセスを受けた可能性があることを明らかにした。

クラウドで利用する営業管理システムに保管された「お客様相談センター」の情報が、設定の不備により外部から同社の意図に反してアクセスを受けていたことが判明したもの。具体的なサービス名について「回答は控える(同社広報)」として明らかにしていない。

バンダイによれば、2020年12月18日から2021年1月3日にかけてあわせて顧客147人分の個人情報がアクセスされた可能性があることをログより確認。氏名、住所、電話番号、メールアドレス、対応記録が含まれるが、対象となる項目は顧客によって異なる。

1月3日に外部から同社CSIRTに対して設定の不備を指摘するメールが届き、翌4日よりシステム保守業者とともに調査を実施。同月19日に一部個人情報に対するアクセスの可能性を確認し、さらに調査を進めていた。

(Security NEXT - 2021/02/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

事業吸収分割で無関係の口座情報を誤提供 - 新生銀
オートローン申込者の氏名がネット上で検索可能に - 沖縄の信販会社
ファンクラブ継続案内に無関係の個人情報 - モンテディオ山形
30支店で本人確認書類の管理不備が判明 - 愛媛銀
公文書の紛失や手続不備が判明 - 和歌山県
7月の個人情報関連の事務処理ミス44件を公表 - 横浜市
クラウド設定ミスによる顧客情報流出で対象者を特定 - 琉球銀
サイトで他会員情報を誤表示、削除依頼メールで誤送信も - 洋菓子通販店
スマホアプリのウェブサーバがサイバー攻撃被害 - フォレスト出版
クラウド設定不備で顧客情報に外部アクセス - 琉球銀