Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増

JPCERTコーディネーションセンターは、2020年第4四半期におけるインシデントの状況を取りまとめた。全体の件数は前四半期から減少したが、サイト改ざんやマルウェアサイトは増加している。

同センターによると、同四半期にウェブフォームやメール、ファックスなどで同センターへ寄せられたインシデントの報告件数は1万3066件。前四半期の1万3831件から6%減少した。

各報告から重複を除いたインシデント件数は7429件で、前四半期の8386件から957件の減少。月別に見ると、10月が2883件、11月が2087件、12月が2459件だった。サイト管理者などに対応を依頼した「調整件数」は4220件で、前四半期の4807件から11%減少している。

インシデントの内訳を見ると、「フィッシングサイト」が5015件で前四半期の5845件を14%下回った。脆弱性の探索や侵入、感染の試行などを検知した「スキャン」行為も前四半期の1380件から減少し、1086件だった。

「DoS/DDoS」は5件で前四半期の8件から減少。いずれも10月に発生したものだという。「標的型攻撃」も10件と、前四半期の16件から減少している。「制御システム関連」は前四半期から引き続き報告は寄せられなかった。

一方、「ウェブサイト改ざん」は404件で、前四半期の374件から8%増。また「マルウェアサイト」も324件で、前四半期の158件から倍増。特に11月は143件と集中している。

(Security NEXT - 2021/01/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

政府、約8年ぶりにIT-BCPガイドラインを改訂 - 新型コロナ踏まえた内容も
総務省、「スマートシティセキュリティGL」改定案を公開 - 意見を募集
コロナ禍2度目のGW、セキュ対策を再確認 - 感染時リスクも想定を
登録セキスペ講習、民間など23講習を追加
3割がセキュ投資増額、56.3%で被害経験 - IDC調査
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
4社に3社が直近1年にインシデントを経験 - JIPDEC調査
セキュリティ分野の総務大臣奨励賞、登大遊氏ら受賞
JSAC 2021の「ベストスピーカー賞」が選出 - 講演動画も公開中
小売電気事業者向けにセキュ対策ガイドライン - 経産省