Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ふるさと納税の受納証明書600人分を別人へ誤送付 - みやき町

佐賀県みやき町は、ふるさと納税の受納証明書を別の寄付者へ送付するミスがあり、個人情報が流出したことを明らかにした。

同町によれば、ふるさと納税業務を委託しているふるさと振興協会において、送付状とは別の寄付者の受納証明書を封筒に入れて送付したもの。

対象となるのは、2020年12月29日から30日に送付した600人分の受納証明書。寄付者の氏名、住所、寄付金額、寄付受納年月日が記載されている。寄付者から連絡があり、1月4日に判明した。

受納証明書の送付にあたり、300人分を1グループとして、送付状と受納証明書を機械でセットして封入していたが、2グループ600人分の送付状と受納証明書を取り違えてセットし、封入してしまったという。

同町では、対象となる寄付者に対して謝罪。誤送付した受納証明書の回収を依頼するとともに、正しい受納証明書を発送している。

(Security NEXT - 2021/01/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ウェブ公開した記入用「ふるさと納税申込書」に個人情報 - 伊方町
ふるさと納税の特設サイトに不具合、他人の配送情報 - 京丹後市
ふるさと納税関連書類を誤送付、封入ミスで - 雨竜町
ふるさと納税寄付者の個人情報が流出、郵便誤配達で - 八千代市
寄付者個人情報を誤ってファックス送信 - ふるさと納税受託業者
鳥取市の通販サイトに不正アクセス - 利用者情報が流出
ふるさと納税者のマイナンバーを無関係自治体へ誤送信 - 輪島市
ふるさと納税者への案内メールで誤送信、メアド流出 - 佐賀市
ふるさと納税者宛メールに個人情報を誤って添付 - 松山市
ふるさと納税者の個人情報を同意なしで公開 - 大空町