Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

送迎リスト紛失、車上に置いて走行 - 高齢者福祉施設

高齢者福祉施設ぎおうの里において、利用者の個人情報が記載された書類が所在不明となっている。

同施設を運営する野洲慈恵会によれば、2020年12月27日朝にショートステイの利用者を迎えに行った際、送迎表を車の上に置いたまま走行したもので、送迎終了後に紛失していることへ気が付いた。

問題の送迎表には、ショートステイ利用者32人の氏名、電話番号、送迎時の留意点などが記載されており、捜索したが見つかっていないという。

同法人では対象となる利用者やその家族に対して連絡。警察へ届け出を行い、滋賀県と野洲市に報告した。

(Security NEXT - 2021/01/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

市民講座受講生の個人情報含む資料を紛失、車窓から飛散か - 津市
酒に酔って個人情報を紛失した職員を処分 - 東京都
飲酒後帰宅途中に眠り込み児童相談の個人情報を紛失 - 東京都
系列販売店27社で同意なく個人情報取得 - トヨタのID登録で
南相馬市、廃棄書類がトラックから飛散 - 対向車の職員が気づく
不正アクセスで食堂車予約客などの個人情報が流出した可能性 - 明知鉄道
神戸市民生委員が車盗被害、高齢者台帳も - 車両見つかり今後詳細調査
同意なくトヨタの認証サービスに顧客情報を登録 - 埼玉トヨタ
個人情報含む工事関係書類が車上荒らし被害- 名古屋市上下水道局
医師がワクチン接種予診票を地下鉄内で紛失 - 商業施設トイレで見つかる