Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

送迎リスト紛失、車上に置いて走行 - 高齢者福祉施設

高齢者福祉施設ぎおうの里において、利用者の個人情報が記載された書類が所在不明となっている。

同施設を運営する野洲慈恵会によれば、2020年12月27日朝にショートステイの利用者を迎えに行った際、送迎表を車の上に置いたまま走行したもので、送迎終了後に紛失していることへ気が付いた。

問題の送迎表には、ショートステイ利用者32人の氏名、電話番号、送迎時の留意点などが記載されており、捜索したが見つかっていないという。

同法人では対象となる利用者やその家族に対して連絡。警察へ届け出を行い、滋賀県と野洲市に報告した。

(Security NEXT - 2021/01/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ポプラ、料金収納払込票を紛失 - 拾得者「公園のゴミ箱に捨てた」
約700件の自動車重量税納付書が所在不明 - 国交省
飲酒後帰宅途中に眠り込み児童相談の個人情報を紛失 - 東京都
複数病院の患者情報含むPCを紛失 - 千葉県
患者情報含む私物USBメモリを紛失 - 広島大病院
小学校教諭が車上荒らし被害、個人情報盗まれる - 泉大津市
ゴミの「ふれあい収集」対象者名簿が所在不明に - 大阪市
カー用品のネット通販でクレカ情報が流出 - 2019年に判明
患者情報含むPCが駐輪場で盗難、防犯カメラで判明 - 京都府立医科大付属病院
新コロ被検査者名簿を一時紛失、ドライブスルー検査で飛散 - 名古屋市