Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサムウェア対策で業界横断連携 - 米17組織

ランサムウェアによる被害が深刻化するなか、The Institute for Security and Technology(IST)は、分野横断で対策を検討する組織「Ransomware Task Force(RTF)」を立ち上げた。

ISTは、サンフランシスコを拠点にセキュリティの政策や技術研究、国際連携の面から活動する非営利団体。ランサムウェアに対抗すべく、複数セクターの連携によって対策を検討するタスクフォースを立ち上げた。

公的機関や業界団体、セキュリティベンダー、保険会社などが参加。影響を受ける利害関係者を踏まえ、被害の軽減策や推奨事項を検討するとしており、実行可能なソリューションを踏まえたフレームワークを提供していきたいとしている。

ランサムウェアに対抗することを目的とした活動としては、ユーロポールやオランダ警察、McAfee、Kasperskyなどが立ち上げたプロジェクト「No More Ransom」が知られている。

12月21日にの段階で「ランサムウェアタスクフォース」へ参加している組織や団体は以下のとおり。

Aspen Digital
Citrix
The Cyber Threat Alliance
Cybereason
The CyberPeace Institute
The Cybersecurity Coalition
The Global Cyber Alliance
McAfee
Microsoft
Rapid7
Resilience
SecurityScorecard
Shadowserver Foundation
Stratigos Security
Team Cymru
Third Way
UT Austin Stauss Center

(Security NEXT - 2020/12/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

攻撃者狙う脆弱な「VPN」、導入や堅牢化のガイダンスを米政府が公開
警察庁、2021年上半期に61件のランサム被害把握 - 目立つVPN経由の感染
IPA、2021年前半の被害届出127件を公開 - ランサムや認証突破など
米同盟やEU、中国支援のサイバー攻撃を批判 - 関係者の訴追も
マルウェアメール、日本が検出最多 - ESETまとめ
約3分の1の企業がIoTやOTでセキュリティ事故を経験
重要インフラ事業者へランサムウェアについて注意喚起 - NISC
コロナ禍2度目のGW、セキュ対策を再確認 - 感染時リスクも想定を
3割がセキュ投資増額、56.3%で被害経験 - IDC調査
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因