Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサムウェア対策で業界横断連携 - 米17組織

ランサムウェアによる被害が深刻化するなか、The Institute for Security and Technology(IST)は、分野横断で対策を検討する組織「Ransomware Task Force(RTF)」を立ち上げた。

ISTは、サンフランシスコを拠点にセキュリティの政策や技術研究、国際連携の面から活動する非営利団体。ランサムウェアに対抗すべく、複数セクターの連携によって対策を検討するタスクフォースを立ち上げた。

公的機関や業界団体、セキュリティベンダー、保険会社などが参加。影響を受ける利害関係者を踏まえ、被害の軽減策や推奨事項を検討するとしており、実行可能なソリューションを踏まえたフレームワークを提供していきたいとしている。

ランサムウェアに対抗することを目的とした活動としては、ユーロポールやオランダ警察、McAfee、Kasperskyなどが立ち上げたプロジェクト「No More Ransom」が知られている。

12月21日にの段階で「ランサムウェアタスクフォース」へ参加している組織や団体は以下のとおり。

Aspen Digital
Citrix
The Cyber Threat Alliance
Cybereason
The CyberPeace Institute
The Cybersecurity Coalition
The Global Cyber Alliance
McAfee
Microsoft
Rapid7
Resilience
SecurityScorecard
Shadowserver Foundation
Stratigos Security
Team Cymru
Third Way
UT Austin Stauss Center

(Security NEXT - 2020/12/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

正規の「リモート管理ソフト」が攻撃者のバックドアに - 米政府が警戒呼びかけ
「情報セキュリティ10大脅威 2023」 - 組織は「ランサム」が引き続き首位
2022年のサイバー攻撃、前年比38%増 - 教育分野への攻撃増加
取材や講演会依頼装う標的型攻撃 - 「コロナで中止」とつじつま合わせ
政府、年末年始のセキュリティ対策で注意喚起
年末年始に向けてセキュリティ体制のチェックを
ランサム被害のデータ復旧でトラブル多発 - 業界5団体がチェックシート
ランサム検知数が前年の約2.8倍に - カスペまとめ
国境超えた仲間とセキュリティを学ぶ「GCC 2023シンガポール」 - 参加者募集がスタート
空調システムに特化したセキュリティ対策GLを公開 - 経産省