Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「CentOS 8」利用者向けに独自のサポートサービス - サイバートラスト

サイバートラストは、2021年12月31日にサポートの終了を予定している「CentOS 8」の利用者向けに独自の延長サポートや移行支援を提供する。

「CentOS 8」の修正パッケージと日本語によるサポートサービスを組みあわせた「CentOS 8延長サポート」を提供するもの。2022年1月以降、最長で2029年5月まで修正に対応する。

また「CentOS 8」を導入予定だった企業に対しては、「Red Hat Enterprise Linux 8」をベースに開発した「MIRACLE LINUX 8 Asianux Inside」のサポート付き使用権ライセンスを展開していく。

「MIRACLE LINUX 8 Asianux Inside使用権ライセンス」「CentOS 8延長サポート」いずれも1年あたり7万8000円から(税抜)。導入時期や複数年契約によって割引価格で提供する。

(Security NEXT - 2020/12/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サポート切れ製造業システムの移行支援サービス - CEC
ファイルサーバのAWS移行とファイル暗号化を支援 - ALSI
サンドボックスなど利用したクラウド向け脅威対策サービス - NTT東
ラックとMIND、「マネージドEDRサービス」の提供で協業
ホスト型WAFに新版、Cookie保護を強化 - JP-Secure
管理が不十分なサーバやネットワーク機器を洗い出すサービス - マクニカネット
標的型攻撃メール訓練を刷新、セルフ実施を支援 - ラック
ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
顔認証サービスのパートナープログラムを提供 - パナソニック
デバイス紛失にサポートする「ビジネス端末レスキュー」 - NTTドコモ