Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Dell製シンクライアントOSに深刻なRCE脆弱性 - 更新や運用環境の確認を

くわえて「FTP」サーバにはクライアントより書き込みができるようあえて設定された「INIファイル」が存在。「FTP」サーバへアクセスできる環境より、認証情報なしに「INIファイル」を改ざんできるという。

また「FTP」サーバに認証情報が設定されていた場合も、「INIファイル」はクライアント間で共有されるため、互いに「INIファイル」を変更することが可能だと指摘している。

さらに同OSを搭載したデバイスは、FTPサーバへ接続した際に、ユーザー名を含む「INIファイル」を検索し、読み込む仕様となっている脆弱性が判明。同ファイルも書き込みが可能で、あらゆる設定の指定に利用されており、これらが制御されるおそれがあるという。

今回の問題を受けてDellは、これら脆弱性に対処した「同8.6 MR8」をリリースした。「同9」は脆弱性の影響を受けない。

更新できない場合は、「Dell Wyse Management Suite」の活用や「HTTPS」プロトコルを利用し、サーバをファイルを読み取り専用にするといった運用の見直しなどを呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/12/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IoT機器や制御機器に用いるRTOSなどにRCE脆弱性「BadAlloc」
「VMware vRealize Business for Cloud」に深刻なRCE脆弱性
MTAの「Exim」に21件の脆弱性 - 最新版へ更新を
2009年以降のDell製端末のドライバに脆弱性 - アップデートが順次公開、未提供の場合も削除を
VR空間プラットフォーム「Hubs Cloud」に認証情報流出のおそれ
「Firefox」にセキュリティ更新 - Android版のみ影響する深刻な脆弱性も
「Samba」にサービス拒否や共有ファイルを削除される脆弱性
VPN製品「Pulse Connect Secure」にアップデート - ゼロデイ脆弱性など修正
「BIND 9」に3件の脆弱性 - RCEやDoS攻撃のおそれ
QNAPのバックアップソリューション「HBS 3」に深刻な脆弱性