Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Dell製シンクライアントOSに深刻なRCE脆弱性 - 更新や運用環境の確認を

Dell Technologiesのシンクライアント端末向けOS「Dell Wyse ThinOS」にリモートよりコードを実行されるおそれがある深刻な脆弱性が含まれていることがわかった。

「同8.6」および以前のバージョンに「CVE-2020-29491」「CVE-2020-29492」が判明したもの。同OSでは、ローカルの「FTP」サーバを用いてメンテナンスすることがデフォルトとなっており、同社からも推奨されていたため多くの環境で利用されているが、こうしたリモートの保守環境に脆弱性が明らかとなった。

脆弱性を悪用されると、リモートでコードを実行されたり、デバイス上のファイルにアクセスされるおそれがある。いずれの脆弱性も共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」におけるベーススコアが最高値である「10」、「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。

同社へ脆弱性を6月に報告し、アップデートのリリースとあわせてアドバイザリを公開したCyberMDXによれば、同製品では「FTP」サーバより「ファームウェア」や「パッケージ」「INIファイル」を取得するよう推奨しているが、「FTP」サーバは資格情報を持たない「anonymous」として運用され、設定に用いられる「INIファイル」に署名が行われていないことが判明した。

(Security NEXT - 2020/12/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「クリティカル」の脆弱性に対処
脆弱性1件を修正した「Microsoft Edge 103.0.1264.44」が公開に
2022年における危険な脆弱性タイプのトップ25が明らかに
国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に
「Cisco ESA」などに深刻な脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
「Comodo Antivirus」に脆弱性の指摘 - 研究者が公開
Mozilla、最新ブラウザ「Firefox 102」をリリース - 脆弱性19件を修正
HPE Crayスーパーコンピューターに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
MS、「Microsoft Edge 103.0.1264.37」で独自修正した脆弱性を追加 - 評価の逆転現象も
独自の脆弱性修正含む「Microsoft Edge 103.0.1264.37」が公開