Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アクセス制御技術の研究開発情報を募集 - 政府

警察庁、総務省および経済産業省は、アクセス制御機能に関する技術の研究開発情報を、2021年1月22日まで募集する。

政府では不正アクセス禁止法の規定に基づき、不正アクセスの発生状況やアクセス制御技術の研究開発状況を毎年公表しており、同資料に掲載するアクセス制御機能に関する技術の研究開発情報について募集するもの。

対象となる技術は、「侵入検知、防御技術」「脆弱性対策技術」「高度認証技術」「インシデント分析技術」「不正プログラム対策技術」「その他アクセス制御機能に関する技術」の6種類。研究開発途中の技術は対象外となり、すでに完成して実用化されているか、活用が可能な技術に限られる。

応募はメールと郵送で受け付ける。応募された研究開発情報は、選定を経て2021年3月をめどに公表する予定。

(Security NEXT - 2020/12/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

12月に「SECCON CTF 2021」をオンライン開催 - 賞金総額100万円
「サイバーセキュリティに関する総務大臣奨励賞」の候補者を公募中 - 総務省
通信事業者のフロー情報用いたC2サーバ検知は正当業務 - 総務省がパブコメ
セキュリティ啓発動画のコンテスト開催 - トレンド
応募企画を実現、セキュリティコンテスト「SECCONCON」開催
政府、「次期サイバーセキュリティ戦略」のパブコメ実施
「CODE BLUE 2021」はハイブリッド開催 - CFPも開始
「JSAC2022」を2022年1月に開催、2日間に拡大 - CFPもスタート
セキュリティがテーマのコミック配信企画、シーズン2が始動
「セキュリティ・キャンプ全国大会」、応募締切は5月31日