Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「三井住友カード」装うフィッシング攻撃の報告が増加中

「三井住友カード」の利用者を狙ったフィッシング攻撃に関する報告が増加しているとして、フィッシング対策協議会が注意喚起を行った。

取引確認や、本人に心当たりのないログインの通知を装って偽サイトへ誘導、情報をだまし取るフィッシング攻撃が確認されているもの。フィッシング攻撃には複数の文面が用いられており、誘導先のサイトは少なくとも9件以上あるという。

誘導先では、ログインIDやパスワードにくわえて、クレジットカードの番号、有効期限、セキュリティコード、生年月日、電話番号、口座番号などを入力させようとしていた。

12月10日の時点でフィッシングサイトの稼働が確認されており、同協議会は閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。類似したフィッシング攻撃へ注意するよう求めている。

(Security NEXT - 2020/12/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ほくせんカード」利用者を狙うフィッシング攻撃
東電EPを偽装、「クレカでポイント」とだますフィッシング
「ビューカード」のフィッシング、正規サイトと同じ2種類のIDに対応
複数クレカブランドでフィッシング攻撃 - 本文でアクセス促さない「さりげない手口」も
「障害解消」の通知装うフィッシング - アカウント確認を口実に偽サイトへ誘導
フィッシングの注意喚起を装う「フィッシングメール」
Instagramにハワイ州観光局の偽アカウント - フィッシングDMを送信
消費者庁が「サポート詐欺」に注意喚起 - MSロゴなど悪用
カード会社装い「緊急のご連絡」と不安煽るフィッシング
「エポスカード」の利用者狙うフィッシング攻撃に注意を