Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「三井住友カード」装うフィッシング攻撃の報告が増加中

「三井住友カード」の利用者を狙ったフィッシング攻撃に関する報告が増加しているとして、フィッシング対策協議会が注意喚起を行った。

取引確認や、本人に心当たりのないログインの通知を装って偽サイトへ誘導、情報をだまし取るフィッシング攻撃が確認されているもの。フィッシング攻撃には複数の文面が用いられており、誘導先のサイトは少なくとも9件以上あるという。

誘導先では、ログインIDやパスワードにくわえて、クレジットカードの番号、有効期限、セキュリティコード、生年月日、電話番号、口座番号などを入力させようとしていた。

12月10日の時点でフィッシングサイトの稼働が確認されており、同協議会は閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。類似したフィッシング攻撃へ注意するよう求めている。

(Security NEXT - 2020/12/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

三越伊勢丹グループの「エムアイカード」装うフィッシングに注意
「特別定額給付金」フィッシング、実際に誘導されるケースも
「セディナビ」装うフィッシングに注意 - 「利用確認」を偽装
オリコカード利用者狙ったフィッシング - 他カードの利用者も注意
「UCSカード」装うフィッシング - 取り引き確認とだます手口
偽「Amazon」からのSMSに警戒を - 不安煽るさまざまな文面
「税金還付を受ける権利があります」 - 偽国税庁に注意
「ポケットカード」装うフィッシングに注意
「アプラス」装うフィッシング攻撃に注意 - 「新生銀行カード」名乗るケースも
UCSカード利用者を狙うフィッシング - 目立つ不自然な日本語、簡体字も