Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府、サイバーセキュリティ協議会の第4期構成員を募集

政府は、サイバーセキュリティ協議会の第4期構成員の募集を開始した。申込期間は2021年1月29日まで。

同協議会は、行政機関、重要インフラ事業者、サイバー関連事業者、教育研究機関など、官民の組織の相互連携により、早期に情報を共有し、サイバー攻撃の被害予防や低減を目的とした組織。オンライン上で情報共有を行うバーチャル協議会となっている。

改正サイバーセキュリティ基本法に基づき、2019年4月に組織された。スタート当初91者が参加。第3期の時点で255者が参加している。2020年3月31日末までに攻撃活動に関する情報は46件が寄せられ、13件については広く対策情報などが公開された。

内閣サイバーセキュリティセンターでは、同協議会の第4期構成員について募集を開始。加入希望者は、加入申込書と事務従事者登録届に必要事項を記入して、メールにて申し込む。なお、次回第5期の受付は2021年3月末となる予定。

20201207_ni_001.jpg
サイバーセキュリティ協議会の概要(図:NISC)

(Security NEXT - 2020/12/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

若手国際CTFで日本人含むアジアチームが好成績 - 言葉や準備不足乗り越え奮闘
「ICTサイバーセキュリティ総合対策2022」の策定に向け意見募集 - 総務省
国内のランサムウェア遭遇リスクが4割近く上昇
6月に「IoTセキュリティシンポジウム2022」を開催 - CCDS
2021年のフィッシング報告、後半に増加 - 狙う業種は「金融」から「通信事業者」に
政府、大型連休における対策徹底呼びかけ
金融機関に対策徹底を再度要請、攻撃受けたら報告を - 金融庁
都内中小企業向けに特別相談窓口を開設 - サイバー攻撃リスクの増大受けて
セキュリティ対策強化を再度呼びかけ、中小企業も対策を - 政府
セキュリティ担当者向けに脆弱性対策のセミナーを開催 - IPA