Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

電気通信事業向け個人情報保護GL解説で改正案 - 意見を募集

総務省は、「電気通信事業における個人情報保護に関するガイドラインの解説」の改正案などを策定した。2021年1月8日まで意見を募集している。

同省では、外国法人などが電気通信事業を営む場合の規定の整備などを行うための「電気通信事業法及び日本電信電話株式会社等に関する法律の一部を改正する法律案」を国会に提出し、可決成立を経て5月22日に公布された。これにともない、同解説の改正案を策定したもの。

現行の解説では、電気通信事業法は国内に拠点を置かない者に対しては規律が及ばないとしており、同ガイドラインが規定する「電気通信事業者」に該当しないことから、同ガイドラインの適用対象外としている。

改正案では、外国法人が国内において電気通信役務を提供する電気通信事業を営む場合のほか、外国から国内にある者に対して電気通信役務を提供する電気通信事業を営む場合にも適用されることから、外国法人にも同ガイドラインが適用されるとしている。

また同省では、「プラットフォームサービスに関する研究会」の議論を踏まえ、「通信の秘密の確保に支障があるときの業務の改善命令の発動に係る指針(案)」および「同意取得の在り方に関する参照文書(案)」を策定した。

同省ではこれらの改正案などについて、意見募集を実施。意見はメール、郵送、ファックス、電子政府の総合窓口「e-Gov」の意見提出フォームなどで受け付ける。

(Security NEXT - 2020/12/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

EC事業者の6割弱がサイバー攻撃の被害経験 - 半数で情報漏洩
個情委、破産者情報の違法公開サイトを告発
年末年始に向けてセキュリティ体制のチェックを
4人に1人は機密性高いPDFファイルでもPWや権限を設定せず
個情委への漏洩報告が約3倍に - 医療機関や不正アクセスなどに起因
自治体におけるマイナンバー取扱状況を公表 - 個情委
Pマーク事業者の事故報告は3048件 - 前年度比約15%増
JIPDEC、ECサイト関連事業者にセキュ対策徹底を呼びかけ - 啓発セミナーも開催
「サイバーセキュリティ」認知度5割届かず - 3割弱が対策未実施
「JAPANSecuritySummit 2022」、10月24日よりオンデマンドで開催