Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ワークマンの偽サイトに注意 - 格安価格などで誘導か

作業服小売の「ワークマン」を名乗る偽サイトが確認されている。極端に安い価格などを表示して誘導していると見られ、同社では注意を呼びかけている。

同社サイトに見せかけた偽サイトが確認されていることから注意喚起を行ったもの。偽サイトでは個人情報やアカウント情報が詐取されるおそれがあるほか、金銭を払い込んでも商品が届かなかったり、粗悪品が送りつけられるおそれもある。

同社は偽サイトについて、極端に安い価格を提示したり、同社以外の商品を取り扱っているなど特徴が見られたと説明。支払方法が前払いのみとなっていたり、代金振込先の金融銀行口座が個人名義となっているケースがあるほか、連絡先として携帯電話番号やフリーメールのメールアドレスを記載していた。

同社は、偽サイトに注意し、正規のオンラインストアを利用するよう、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/12/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

東電EPを偽装、「クレカでポイント」とだますフィッシング
「ビューカード」のフィッシング、正規サイトと同じ2種類のIDに対応
「障害解消」の通知装うフィッシング - アカウント確認を口実に偽サイトへ誘導
フィッシングの注意喚起を装う「フィッシングメール」
「ウイルスバスター」のメインテナンス通知を装う偽メールに注意
「エポスカード」の利用者狙うフィッシング攻撃に注意を
北海道銀行を装うフィッシング - 他攻撃の文面を使い回しか
「UCカード」利用者狙うフィッシング - 利用状況確認とだます手口
三越伊勢丹グループの「エムアイカード」装うフィッシングに注意
「特別定額給付金」フィッシング、実際に誘導されるケースも