Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

キャッシュレス決済連携でガイドライン - 全銀協

全国銀行協会は、銀行口座とキャッシュレス決済サービスの連携における「資金移動業者等との口座連携に関するガイドライン」を策定した。

同ガイドラインは、各銀行が資金移動業者などと連携して決済サービスを提供する際の考え方や対策例などを取りまとめたもの。

金融機関の口座情報を何らかの方法で入手し、連携する決済サービスを通じて、不正に出金される事件が複数発生したことを受けて策定した。不正に対する対策のほか、連携決済サービスを提供する際に銀行へ求められる対策を中心に解説している。

資金移動業者との連携においては、前後の各フェーズにおいて、銀行は資金移動業者の適格性に問題がないか審査することが必要であるとした。

確認すべき項目としては、利用者保護の観点やセキュリティ面における適格性、資金移動業者の顧客管理体制に脆弱性がないことなどを挙げている。

(Security NEXT - 2020/12/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

転職による年収アップ、「セキュリティエンジニア」がトップ
1月のフィッシング、独自ドメイン使用する送信元メアドが増加
暗号資産交換業者への不正送金対策を強化 - 金融庁ら
フィッシングURLが急増 - 4割近くが「Cloudflare Workers」のドメイン
2023年3Qの不正送金 - 被害額が約1.5倍に拡大
不正送金被害が前年比5倍と過去最悪 - 年末年始もフィッシング攻撃に警戒を
フィッシング報告が大幅減 - 攻撃者も「DMARC」を意識
フィッシング報告が3割増 - 15万件超えで過去最高に
金融庁、銀行間振込のシステム障害で報告徴求命令
フィッシングの報告が増加、悪用されたURLは大幅減