Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

キャッシュレス決済連携でガイドライン - 全銀協

また同ガイドラインでは、採用している認証方法に脆弱性がないか定期的に見直し、セキュリティ対策の強化に向けた取り組みを継続して行うことや、複数の要素による認証手段を組みあわせることによる堅牢な認証手続きが必要とした。

さらに資金移動業者と連携し、定期的な不正検知のためのモニタリング態勢を構築することも求めているほか、利用者保護の観点から補償を含めた被害者対応を適切に行うことや、被害発生を未然に防ぐため利用者への注意喚起も重要としている。

(Security NEXT - 2020/12/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年のネットバンク不正送金、被害額4割減 - 法人では増加
警察庁、犯罪インフラ化する「SMS認証代行」の取り締まりを強化
スピーディで手軽な「eKYC」 - 「個人情報漏洩」への不安も
フィッシングで悪用されたブランド数が過去最多 - 報告やURLも大幅増
フィッシングURL、前月比22.9%減 - 報告は4カ月連続で3万件超
国内主要企業のDMARC導入、4社に1社 - 政府は3省庁のみ
フィッシングサイト、「偽Microsoft」が最多 - 「偽楽天」は3Qに急増
1月のフィッシング報告大幅増、4万件超に - 「Amazon」関連が6割
「JNSA賞」が発表、フィッシングハンターのKesagataMe氏ら受賞
2020年の上場関連企業における個人情報事故 - 103件2515万人分