Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クラウドに不正アクセス、取引先情報の流出を確認 - 三菱電機

三菱電機は、不正アクセスを受け、国内の取引先に関する一部情報が外部に流出したと発表した。原因や被害の範囲など詳細について調査を進めている。

同社によれば、利用するクラウドサービスが不正アクセスを受けたもの。11月16日に異常なアクセスを検知した。

同社ではアクセスを遮断、対策を行った上で調査を進めているが、11月20日の時点で国内の取引先に関する金融機関口座8635件の情報が外部に流出したことが判明している。

支払先として管理していた情報で、取引先名、住所、電話番号、代表者名、金融機関名、口座番号、口座名義などが含まれる。

被害の詳細など調査を進めているが、1月、2月に公表した不正アクセスとは異なる手法が用いられた可能性が高いという。

同社では、引き続き原因究明など進めるとともに、対象となる取引先や関係機関へ順次報告を行っていく。

(Security NEXT - 2020/11/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

学内宿泊施設予約システムに不正アクセス、利用者情報が流出か - 阪大
顧客情報流出でサクソバンク証券をけん責処分 - 日証協
複数ペットフード販売サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
男性向けファッション通販サイトに不正アクセス
北國銀行子会社運営の通販モールに不正アクセス
恋愛ゲームサイトに不正アクセス、会員情報流出 - 東京ガス
業務用ビデオカメラなど扱う通販サイトに不正アクセス
柿安本店の公式通販サイトに不正アクセス
ファイルサーバに不正アクセス、データ流出か - 丸紅グループ会社
松山市関連スポーツサイトに不正アクセス - 管理者アカウントでログイン