Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

取引先担当者情報が利用アプリ上で閲覧可能に - 日本郵便

日本郵便は、利用するウェブアプリケーション上に保存されていた取引先企業の担当者情報などが、外部より閲覧可能となっていたことを明らかにした。

同社によれば、取引先企業14社、担当者75人に関する氏名や会社名、会社住所、会社電話番号のほか、郵便局のネットショップに掲載予定だった画像データなどが流出したもの。

同社物販ビジネス部において4月から業務に「Googleグループ」を使用していたが、公開設定に問題があり4月17日から、外部より指摘を受けて設定を修正した11月16日まで、同アプリケーションの利用者からこれらデータが検索、閲覧できる状態になっていたという。

仕様上、アクセス履歴などを確認できないため、閲覧回数などはわからないという。同社では関係者以外がアクセスできないよう設定を変更。対象となる関係者に経緯の報告と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2020/11/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

テレビ通販サイトに不正アクセス - 関西テレビ関連会社
講習受講者情報がネット上で閲覧可能に - 電気工事技術講習センター
職員個人SNSに依頼、顧客情報含む資料を外部提供 - 東北電気保安協会
メール誤送信、就職イベント参加者のメアド流出 - 和歌山市
「Salesforce」ベースの自治体向けサービスで設定不備 - 71団体が導入
ふるさと納税の特設サイトに不具合、他人の配送情報 - 京丹後市
北國銀行子会社運営の通販モールに不正アクセス
問合フォームの入力情報が閲覧可能に - アドバンテッジEAP
薬物乱用防止啓発事業で個人情報が流出、設定ミスで - 香川県
看護師が業務で私的にクラウド利用 - 設定ミスで公開状態に