Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

取引先担当者情報が利用アプリ上で閲覧可能に - 日本郵便

日本郵便は、利用するウェブアプリケーション上に保存されていた取引先企業の担当者情報などが、外部より閲覧可能となっていたことを明らかにした。

同社によれば、取引先企業14社、担当者75人に関する氏名や会社名、会社住所、会社電話番号のほか、郵便局のネットショップに掲載予定だった画像データなどが流出したもの。

同社物販ビジネス部において4月から業務に「Googleグループ」を使用していたが、公開設定に問題があり4月17日から、外部より指摘を受けて設定を修正した11月16日まで、同アプリケーションの利用者からこれらデータが検索、閲覧できる状態になっていたという。

仕様上、アクセス履歴などを確認できないため、閲覧回数などはわからないという。同社では関係者以外がアクセスできないよう設定を変更。対象となる関係者に経緯の報告と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2020/11/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

若年選手育成選考会の関係者メアドが流出 - 群馬県スポーツ協会
委託先がメルマガ送信時に宛先を「CC」設定 - 厚生労働省
公文書閲覧システムに個人情報を誤掲載 - 埼玉県
「Salesforce」設定不備で顧客情報に外部アクセス - 静岡銀
建築物調査書類が所在不明、申請による閲覧後に - 東京都
セミナー参加者のアンケート回答が閲覧可能に - エムオーテックス
経産省の中小企業支援サイトで個人情報が閲覧可能に
ツール設定ミスで採用関連の個人情報を誤公開 - ソフト開発会社
LINE、国外の個人データ保管やアクセス状況を説明 - 「ポリシー上に記載ある」
SMBC信託銀のクラウド設定ミス、暗号化暗証番号が平文で閲覧も