Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「JSAC 2021」はオンライン開催に - 参加登録の受付を開始

JPCERTコーディネーションセンターは、1月28日に開催を予定している「Japan Security Analyst Conference(JSAC)2021」をオンラインで実施することを明らかにした。現在、参加申し込みを受け付けている。

同イベントは、国内セキュリティアナリストの能力向上を目指し、セキュリティインシデントの分析や対応に関する情報を共有するカンファレンス。2018年より開催しており、今回で4回目。

今回複数トラック制を採用しており、「JSAC」のウェブサイトで講演内容を公開するとともに、参加登録の受け付けを開始した。

参加登録は、指定のメールアドレスで受け付ける。締切は12月4日。レジストレーションページにある必要事項を記載の上、送信する必要がある。参加要項など詳細はレジストレーションページから。

(Security NEXT - 2020/11/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

CODE BLUE 2021の講演者を発表 - 「ProxyLogon」発見者も登壇
最新Androidのプライバシー機能など解説 - JSSECオンラインセミナー
IPA、「情報セキュリティ白書2021」を発行 - 無料PDF版も提供予定
「CODE BLUE 2021」はハイブリッド開催 - CFPも開始
「JSAC2022」を2022年1月に開催、2日間に拡大 - CFPもスタート
JSSECとSIOTP、6月にオンラインフォーラムを開催
JSAC 2021の「ベストスピーカー賞」が選出 - 講演動画も公開中
セキュキャン修了生の発表イベント - オンラインで開催
3月に「JC3 Forum 2021」開催 - サイバー犯罪動向や対応成功事例など紹介
シンポジウム「SECCON 2020電脳会議」が12月19日に開催