Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「JSAC 2021」はオンライン開催に - 参加登録の受付を開始

JPCERTコーディネーションセンターは、1月28日に開催を予定している「Japan Security Analyst Conference(JSAC)2021」をオンラインで実施することを明らかにした。現在、参加申し込みを受け付けている。

同イベントは、国内セキュリティアナリストの能力向上を目指し、セキュリティインシデントの分析や対応に関する情報を共有するカンファレンス。2018年より開催しており、今回で4回目。

今回複数トラック制を採用しており、「JSAC」のウェブサイトで講演内容を公開するとともに、参加登録の受け付けを開始した。

参加登録は、指定のメールアドレスで受け付ける。締切は12月4日。レジストレーションページにある必要事項を記載の上、送信する必要がある。参加要項など詳細はレジストレーションページから。

(Security NEXT - 2020/11/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「サイバー防衛シンポ熱海2022」が8月に開催 - 露烏戦争から見るサイバー戦
セキュ研究者や実務者向けイベント「JSAC2023」が開催決定 - 講演やWSを募集
クラウドのDB消去をテーマとしたセミナー実施 - DBSC
6月に「IoTセキュリティシンポジウム2022」を開催 - CCDS
セキュリティ会議「CODE BLUE」、講演者の募集を開始 - 事前参加登録も
「メタバース」なども取り上げるセキュリティイベント - JSSECら
個人情報保護法改正や越境問題をテーマにセミナー開催 - DBSC
「セキュリティ・キャンプフォーラム2022」がオンラインで開催
「JC3 Forum 2022」を3月に開催 - 脅威動向など解説
「S/MIME」によるなりすまし対策をテーマとしたセミナー - JIPDEC