Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か

流出した可能性がある個人情報は、顧客の氏名やメール、暗号化されたパスワード、APIキーのほか、本人確認(eKYC)を通じて提供された身分証明書や自撮り画像、住所証明に関するデータなども含まれる。同社では影響の範囲について調べているという。

利用者より預託されている暗号資産(仮想通貨)について同社は、コールドウォレットはオフラインでの管理が確保されていると説明。従来同様影響を否定した。

同社は、利用者に対してパスワードと2段階認証の変更を推奨。また情報が流出していた場合、悪用される可能性もあるとして注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/11/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

法人パートナー向けサイトでアカウント情報が流出か - パナソニック関連会社
建築関係者向け書籍サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
新潟ご当地グルメの通販ショップに不正アクセス
カラオケアプリ開発元に不正アクセス - 会員個人情報が流出
メルマガシステムに不正アクセス、顧客情報が流出 - 福岡のカレー店
「Peatix」に不正アクセス - 最大677万件の個人情報が流出
クラウドに不正アクセス、取引先情報の流出を確認 - 三菱電機
暗号資産取引所でドメインレジストラの登録内容が改ざん被害
サーバに不正アクセス、最大65万件の情報流出か - 東建コーポ
グラビアサイト利用者のクレカ情報が流出 - 小学館グループ会社