Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か

暗号資産(仮想通貨)取引所である「Liquid by Quoine」を運営するQUOINEが利用するドメイン登録サービスのアカウントが不正アクセスを受けた問題で、同社は「DNS」レコードが改ざんされたことを明らかにした。本人確認書類などが流出した可能性もあるという。

ドメインレジストラ「GoDaddy」の同社アカウントにおいて、ドメインの登録情報が第三者により不正に変更されていたことを確認したもの。

11月13日朝に登録情報が意図しない内容に変更され、同日から14日にかけて、同社に対する問い合わせメールを第三者が不正に取得できる状態になっていたと説明していた。

今回、その後の調査結果を公表したもので、不正アクセスを通じてDNSレコードが変更されたことや、それにともなう情報流出の可能性について明らかにした。

同社によると、DNSレコードの改ざんにより、同社内部のメールアカウントについて制御を奪われ、さらに同社システムやインフラに保存された暗号資産取引所の利用者に関する個人情報に対してもアクセスが可能な状態になったという。

(Security NEXT - 2020/11/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

建築関係者向け書籍サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
新潟ご当地グルメの通販ショップに不正アクセス
カラオケアプリ開発元に不正アクセス - 会員個人情報が流出
メルマガシステムに不正アクセス、顧客情報が流出 - 福岡のカレー店
「Peatix」に不正アクセス - 最大677万件の個人情報が流出
クラウドに不正アクセス、取引先情報の流出を確認 - 三菱電機
暗号資産取引所でドメインレジストラの登録内容が改ざん被害
サーバに不正アクセス、最大65万件の情報流出か - 東建コーポ
グラビアサイト利用者のクレカ情報が流出 - 小学館グループ会社
西都市のウェブサイトがランサム被害 - 個人情報流出の可能性