Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

若手対象「辻井重男セキュリティ論文賞」募集開始 - JSSM

日本セキュリティ・マネジメント学会(JSSM)は、情報セキュリティに関する技術やマネジメントに関するすぐれた論文を表彰する「辻井重男セキュリティ論文賞」の募集を開始した。

同賞は、情報セキュリティ分野における技術やマネジメントに関する論文を表彰するもの。今回で第6回目となる。

前回2019年度より「基礎研究」及び「応用研究」に相当する「学術研究論文」と、実務課題や経験事例、システム開発論文などにあたる「実務課題論文」にわけており、2020年度も踏襲する。

同賞に未応募で未発表または募集開始の日から過去3年以内に発表した論文が対象となる。「学術研究論文」の主筆者については、論文応募時点で40歳未満であることが条件となり、実務課題論文については、主筆者の年齢制限はない。締め切りは2021年1月8日。募集要項は同学会のウェブサイトから。

(Security NEXT - 2020/11/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

専門学生対象のセキュリティコンテスト - 課題はサイトの脆弱性調査
EC-CUBEが新版公開に向けてバグバウンティを開催中 - 脆弱性診断にはないメリットも
東京都、若年層向けにSNSトラブル防止動画コンテストを開催
若手国際CTFで日本人含むアジアチームが好成績 - 言葉や準備不足乗り越え奮闘
セキュリティ対策に貢献した研究者や実務者に感謝状 - JPCERT/CC
セキュリティ専門家2名や「セキュリティのアレ」に総務大臣奨励賞
「情報セキュリティ文化賞」受賞者6名を発表 - 情報セ大
2021年度の「JNSA賞」が決定 - 報道記者に特別賞も
JPCERT/CC、インシデントや脆弱性の報告者を表彰 - CDIの笹田修平氏らを選出
「サイバーセキュリティに関する総務大臣奨励賞」の候補者を公募中 - 総務省