Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「国内のみ」狙う偽Amazonのフィッシング - 100万件以上の日も

標的を日本国内に絞り込んだAmazonを装う大規模なフィッシング攻撃が確認されている。特に8月以降、増加傾向にあるという。

日本プルーフポイントによれば、問題のフィッシングキャンペーンは、2020年6月ごろより展開されているもので、国内組織や国内に拠点を持つ組織で確認されているという。

8月ごろより規模が拡大しており、8月後半には同社が確認しているだけで1日あたり12万2000件のフィッシングメールを観測。9月には約3倍となる42万4000件、10月に入ってからは75万件にのぼった。10月中旬の時点で、1日あたり100万件以上となる日もあるという。

フィッシングメールは、「アカウントの確認」「支払い情報の確認」「不審なログインの検知」などと称して偽サイトへ誘導する典型的な手口だという。

誘導先のフィッシングサイトでは、アカウント情報のほか、氏名、誕生日、郵便番号、都道府県、住所、会社名、電話番号などの個人情報を詐取するほか、クレジットカード情報についてはチェックデジットを確認する機能を備えていた。

20201027_pp_001.jpg
日本国内を狙ったAmazonを装うフィッシング攻撃の推移(グラフ:日本プルーフポイント)

(Security NEXT - 2020/10/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

矢野経済研究所に不正アクセス - SQLi攻撃でアカウント情報が流出
書き溜めたメモが消える!? - 「自動退会処理」とだます「Evernote」のフィッシングに注意
「さくらのクラウド」利用者狙ったフィッシングに注意 - 電話認証なども詐取
ヤマト運輸を装うメールやなりすましサイトに注意を
啓発イベント「サイバー防災」がスタート - 人気キャラ「しろまる」とコラボ
2021年のフィッシング報告、前年比約2.3倍に - 約53.6%がEC系
フィッシング被害で不審メール送信の踏み台に - 矢野経済研究所
SB、スミッシング対策を無償提供 - アルファベット発信元の拒否にも対応
フィッシング攻撃、地域密着の信販会社を立て続けに標的に
フィッシングURLが約1.7倍、過去最多更新 - 同一IPアドレス上に大量の偽サイト