Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2025年日本国際博覧会協会に不正アクセス - フィッシングの踏み台に

2025年日本国際博覧会協会は、メールアカウントが不正アクセスを受け、フィッシングメールの送信に悪用されたことを明らかにした。

同協会によれば、10月7日から翌8日にかけて、メールアカウント1件が不正アクセスを受け、約6万3000件のフィッシングメールが国外のメールアドレスに対して送信されたという。同協会では被害に気が付き、メールアカウントのパスワードを変更した。

10月13日の時点で、個人情報が流出したり、メールアカウントの受信トレイにアクセスされた痕跡などは確認されていないという。同協会では、被害に至った経緯など詳しい原因を把握するため、外部事業者による調査を引き続き実施している。

(Security NEXT - 2020/10/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ウェブサーバが迷惑メール送信の踏み台に - タカラベルモント
従業員メルアカに不正アクセス、スパム踏み台に - 組込機器メーカー
メールサーバがフィッシングメールの踏み台に - 広済堂HD子会社
計算用サーバが攻撃の踏み台に、テストアカを侵害 - お茶大
クラウド利用増加で標的型攻撃が進化 - 「初期アクセス」獲得阻止が重要に
Barracuda ESGの侵害、中国関与か - スパム装いゼロデイ攻撃を隠蔽
不正アクセスでスパム送信の踏み台に - 富士ロジテックHD
複数メルアカに不正アクセス、フィッシングの踏み台に - G.O HD
重要インフラ狙う中国関与の「Volt Typhoon」攻撃 - 中小企業も攻撃の踏み台に
盛岡市でスパムの踏み台被害 - 連絡先が未更新で初動に遅れ