Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2025年日本国際博覧会協会に不正アクセス - フィッシングの踏み台に

2025年日本国際博覧会協会は、メールアカウントが不正アクセスを受け、フィッシングメールの送信に悪用されたことを明らかにした。

同協会によれば、10月7日から翌8日にかけて、メールアカウント1件が不正アクセスを受け、約6万3000件のフィッシングメールが国外のメールアドレスに対して送信されたという。同協会では被害に気が付き、メールアカウントのパスワードを変更した。

10月13日の時点で、個人情報が流出したり、メールアカウントの受信トレイにアクセスされた痕跡などは確認されていないという。同協会では、被害に至った経緯など詳しい原因を把握するため、外部事業者による調査を引き続き実施している。

(Security NEXT - 2020/10/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

アカウント2件に不正アクセス、スパム踏み台に - 早稲田システム開発
複数従業員のメールアカウントに不正アクセス - モリサワ
教員アカウントに不正アクセス、海外スパム送信の踏み台に - 高崎経済大
退職者のメールアカウントがスパムの踏み台に - 大阪メトロサービス
サーバが攻撃の踏み台に、CMS導入ファイル狙われる - 茨大工学部同窓会
職員アカウントが海外より不正アクセス、スパムの踏み台に - 尚絅学院大
メールアカウント2件に不正アクセス - 板橋区医師会
植物園サイトに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - 藤沢市
メールアカウントに不正アクセス、スパム踏み台に - 静岡病院
ウェブサイトに不正アクセス、スパム踏み台に - 大田花き