Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

eコマースプラットフォーム「Magento」に複数の深刻な脆弱性

eコマースプラットフォーム「Magento」にSQLインジェクションなど深刻な脆弱性が複数明らかとなった。Adobe Systemsは、セキュリティアップデートを定例外でリリースし、利用者へアップデートを呼びかけている。

アドバイザリを公表し、あわせて9件の脆弱性を明らかにしたもの。「Magento Commerce」「Magento Open Source」において、すべてのプラットフォームが影響を受けるという。

重要度が3段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性は2件。「CVE-2020-24407」は、許可リストにないファイルのアップロードが可能となる脆弱性で、悪用されるとコードを実行されるおそれがある。さらにデータベースの読み込みや書き込みが可能となるSQLインジェクションの脆弱性「CVE-2020-24400」が明らかとなった。

また認証不備の脆弱性4件のほか、クロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性「CVE-2020-24408」、セッション管理の脆弱性「CVE-2020-24401」など、重要度が1段階低い「重要(Important)」とされる脆弱性6件や、さらに1段階低い「中(Moderate)」とされる脆弱性1件に対応している。

クロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性「CVE-2020-24408」以外については、いずれも悪用に管理者権限による認証が必要だとしている。

(Security NEXT - 2020/10/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「PAN-OS」に対するゼロデイ攻撃、国内被害は未確認
「PAN-OS」を狙う「Operation MidnightEclipse」 - 3月下旬より展開
Palo Alto Networksの「PAN-OS」にゼロデイ脆弱性 - パッチを準備中
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 複数製品の脆弱性を修正
「Rust」によるWindowsバッチ処理に脆弱性 - アップデートが公開
Juniper Networks、セキュリティアドバイザリ36件を公開 - 「クリティカル」も
「PAN-OS」に関する脆弱性7件を修正 - Palo Alto Networks
「OpenSSL」にサービス拒否の脆弱性 - 次期更新で修正予定
「Node.js」にコマンドインジェクションの脆弱性 - Windows環境に影響
「Chrome」に3件の脆弱性 - アップデートが公開