Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブサービスの画像認証で15%がログイン断念

不正なユーザーの登録を防ぐために導入されている画像やショートメッセージサービス(SMS)の認証により、1割以上が登録やログインなどを諦めた経験があるという。

かっこが、7月8日から22日にかけてオンライン通信販売や認証に関する意識調査をインターネットで実施し、結果を取りまとめたもの。20代から60代の男女300人が回答した。

同調査によれば、インターネットによる通信販売でクレジットカード決済について、18%が「不安」、43%が「やや不安」と回答。あわせると全体の61%がクレジットカードを用いた決済に何らかの不安を感じていた。

ウェブサービスの登録やログイン時に求められる認証については、ボットなどによるアクセスではないか確認する「画像認証」で48%は「困ったことはない」とする一方、37%がログインの失敗を経験。15%はログインそのものを諦めたと回答した。

一方、携帯電話のショートメッセージサービス(SMS)を利用した認証では、21%が認証を失敗した経験を持っていた。16%は認証を理由にログインを諦めたことがあるという。

(Security NEXT - 2020/10/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サポート終了も1割強が業務でIE利用 - 35%はEdgeのIEモード
フィッシングURL、1カ月で約4.9万件 - 報告は10万件を突破
2021年に観測が多かったマルウェア、大半が5年以上活動 - ランサム感染にも関与
2022年2Qの脆弱性届け出は163件 - ウェブ関連が減少
5月に勢い増した「Emotet」 - 海外にくらべて高い国内検知率
6月のフィッシングサイト、過去最多を大幅更新 - 同一IPアドレス上で多数稼働
フィッシングURLが約1.7倍、過去最多更新 - 同一IPアドレス上に大量の偽サイト
2021年のフィッシング報告、前年比約2.3倍に - 約53.6%がEC系
国内主要上場企業の約半数がDMARC導入 - 対象ドメインの12.1%
フィッシングサイト、4月だけで1万件超 - 「au」の悪用報告が4.5倍に