Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブサービスの画像認証で15%がログイン断念

不正なユーザーの登録を防ぐために導入されている画像やショートメッセージサービス(SMS)の認証により、1割以上が登録やログインなどを諦めた経験があるという。

かっこが、7月8日から22日にかけてオンライン通信販売や認証に関する意識調査をインターネットで実施し、結果を取りまとめたもの。20代から60代の男女300人が回答した。

同調査によれば、インターネットによる通信販売でクレジットカード決済について、18%が「不安」、43%が「やや不安」と回答。あわせると全体の61%がクレジットカードを用いた決済に何らかの不安を感じていた。

ウェブサービスの登録やログイン時に求められる認証については、ボットなどによるアクセスではないか確認する「画像認証」で48%は「困ったことはない」とする一方、37%がログインの失敗を経験。15%はログインそのものを諦めたと回答した。

一方、携帯電話のショートメッセージサービス(SMS)を利用した認証では、21%が認証を失敗した経験を持っていた。16%は認証を理由にログインを諦めたことがあるという。

(Security NEXT - 2020/10/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

主要上場企業のDMARC導入が加速 - 本格運用はドメイン全体の5%未満
1月のフィッシング、独自ドメイン使用する送信元メアドが増加
日本のDMARC導入率13%、米豪と大きな差 - NRIセキュア調査
フィッシングURLが急増 - 4割近くが「Cloudflare Workers」のドメイン
フィッシング報告が大幅減 - 攻撃者も「DMARC」を意識
国内クラウドサービス、海外に比べてセキュリティ対策に遅れ
フィッシング報告が3割増 - 15万件超えで過去最高に
7割弱の主要上場企業がDMARC導入 - ドメインベースでは26%
マルウェアによるアカウント情報の窃取 - 2割強の企業で
フィッシングの報告が増加、悪用されたURLは大幅減