Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

誤送付や紛失など個人情報の関連事故15件 - 大阪市

大阪市は、8月21日から9月20日までに報告があった個人情報に関する15件の事務処理ミスについて公表した。

7件の誤交付や3件の誤送付、5件の紛失など、あわせて15件の事故を公表したもの。

誤交付に関しては、「特別定額給付金申請書」を交付する際、謝って同姓同名の別人の申請書を交付するなど、ルールどおりに処理されず、別人に交付する事故が3件発生。このほかルールの設定がなく生じた事故や委託先など、あわせて7件の事故が判明した。

誤送付は、「生活保護徴収金納付書」を誤って別人宛ての封筒に入れて送付するなど、3件の事故はいずれもルールどおりだったが見落としがあり、生じた事故だという。

また消防署において、救助活動中に「出場指令書」を紛失したケースをはじめ、中学校におけるテストの解答用紙や、「固定資産税・都市計画税納税通知書送付先変更申出書」「粗大ごみ収集受付伝票」「産婦健康診査受診票」の紛失などが判明している。

(Security NEXT - 2020/10/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数自治体で新型コロナ患者情報の誤送付が発生
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
保健所で新型コロナ接触者情報が流出 - 岐阜県
2020年12月は個人情報関連の事務処理ミスが22件発生 - 横浜市
ふるさと納税の受納証明書600人分を別人へ誤送付 - みやき町
検討会の傍聴申込メールを誤送信 - 総務省
ふるさと納税関連書類を誤送付、封入ミスで - 雨竜町
2020年度上半期、個情委への個人情報漏洩報告は481件
個人情報記載の乳がん検診受診票を誤送付 - 墨田区
Pマーク事業者による個人情報事故、2019年度は2543件