Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

関連インシデントもわかる情報リテラシー啓発資料 - ラック

ラックは、ICTや情報メディアを活用するために必要な知識をまとめた「情報リテラシー啓発のための羅針盤コンパス 情報活用編」を公開した。同社ウェブサイトよりPDFにより入手することができる。

同資料は、情報活用能力の育成に必要となる知識をまとめたもの。企業や学校、地域社会などにおいて、情報リテラシーを扱う教育者、ファシリテーター、保護者はもちろん、情報リテラシーについて主体的に学びたい人を対象に作成されている。

ICTや情報メディアの活用シーンを「基本操作」「情報を発信、共有する」「遊ぶ」「学ぶ、働く」「売る、買う」「暮らす」の6つに分類し、25項目に整理。それぞれの活用シーンにあわせて必要となる知識や課題などを取りまとめた。

活用シーンごとに関連するインシデントを明記。2019年3月に公開した「情報リテラシー啓発のための羅針盤」の本編を参照することで、リスクやインシデントの詳細について調べることが可能。

製作にあたっては、法学をはじめとする各分野の研究者の監修も受けた。各インシデントについて関係する法令などにも言及し、罰則や影響についても紹介している。

(Security NEXT - 2020/10/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「企業のプライバシーガバナンスガイドブック」が改定 - 事例を追加
複数小売電気事業者、既契約情報を他社チャットボットで取得
IPA、「情報セキュリティ白書2021」を発行 - 無料PDF版も提供予定
「情報セキュリティ白書2020」が発刊 - 無料のPDF版も用意
委託先が削除証明書提出済みの個人情報入り資料を誤送付 - 神奈川県
「スマートシティセキュリティガイドライン」1年待たず改定
新型コロナ感染者の個人情報を報道機関へ誤送信 - 横浜市
テレワーク時の個人情報漏洩を防止するための教育用資料
2020年度下半期の「J-CRAT」相談は201件 - レスキュー支援が増加
総務省のシステム情報が富士通から流出 - 過去ログ調査で判明