Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大規模環境に対応する制御システム向けIPS製品 - トレンド

また「EdgeIPS」シリーズでは、最新OSにより、従来機能にくわえて、ネットワークにあらたな機器が接続された際、IPアドレス、MACアドレス、OS、ベンダー名、シリアル番号などの資産管理情報を取得することも可能となった。

価格は、IOモジュール1セットを搭載した「EdgeIPS Pro 1048」が302万5000円から。「EdgeIPS Pro 2096」が467万5000円から(税別)。

次年度以降もハードウェア保守、ライセンスが必要となるほか、集中管理コンソール「OT Defense Console」が別途必要となる。

(Security NEXT - 2020/10/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

攻撃者視点で学ぶ「OTシステムハッキング」のトレーニングサービス
攻撃プランを自動生成する脆弱性評価用の模擬攻撃ツール - OSSで公開
IPA、「情報セキュリティ白書2021」を発行 - 無料PDF版も提供予定
「Azure Defender for IoT」のリモート監視サービスを提供 - 東芝ITサービス
制御システム向けにエンドポイント対策製品 - トレンド
パナソニックとマカフィー、自動車SOCを共同構築
カスペ、APT攻撃や制御システムの脅威情報サービス - 個別調査も対応
損ジャと日立ソ、IoTセキュリティ分野で協業
サイバーフィジカルシステムの脅威情報サービス - FireEye
防塵防滴仕様のアプライアンスを投入 - ウォッチガード