Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本セキュマネ学会、オンライン大会を開催 - 一般も参加可能

日本セキュリティ・マネジメント学会(JSSM)は、「オンライン大会2020」を10月17日に開催する。非学会員も参加できる。

同イベントは、新型コロナウイルス感染症の影響で延期となった同学会第34回全国大会の代替イベント。「コロナ衝撃後のセキュリティ・マネジメント ―プライバシーとセキュリティの相克を超えて―」をテーマとしている。

基調講演には、総務省のサイバーセキュリティ統括官である田原康生氏、特別講演にはNEC会長で経団連審議員会副議長を務める遠藤信博氏が登壇する予定。

また研究会の発表や学生によるセッションのほか、「テレワーク環境に対するセキュリティ・マネジメント」をテーマとしたパネルディスカッションなどプログラムを視聴できる。

参加費は無料で、申し込みは10月14日まで。参加方法など詳細は同学会のウェブサイトから。

(Security NEXT - 2020/10/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

小規模サイト、約1割「一切脆弱性対策せず」 - 対策不備で2割が被害経験
4月に「Interop Tokyo 2021」、会場開催も - テーマは「DX」
セキュ産業創出する人材育成目指した「SecHack365」 - 受講生募集が開始
「サイバー防衛シンポ熱海2020」が開催 - チケット販売まもなく終了
JSAC 2021の「ベストスピーカー賞」が選出 - 講演動画も公開中
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
外出自粛期間、子どもの6割がアダルトコンテンツに遭遇
33%がPWを使い回し、52%は似たPWを再利用 - F-Secure調査
フィッシングサイト、「偽Microsoft」が最多 - 「偽楽天」は3Qに急増
無線LANのセキュ対策学べるオンライン講座 - 総務省