Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本セキュマネ学会、オンライン大会を開催 - 一般も参加可能

日本セキュリティ・マネジメント学会(JSSM)は、「オンライン大会2020」を10月17日に開催する。非学会員も参加できる。

同イベントは、新型コロナウイルス感染症の影響で延期となった同学会第34回全国大会の代替イベント。「コロナ衝撃後のセキュリティ・マネジメント ―プライバシーとセキュリティの相克を超えて―」をテーマとしている。

基調講演には、総務省のサイバーセキュリティ統括官である田原康生氏、特別講演にはNEC会長で経団連審議員会副議長を務める遠藤信博氏が登壇する予定。

また研究会の発表や学生によるセッションのほか、「テレワーク環境に対するセキュリティ・マネジメント」をテーマとしたパネルディスカッションなどプログラムを視聴できる。

参加費は無料で、申し込みは10月14日まで。参加方法など詳細は同学会のウェブサイトから。

(Security NEXT - 2020/10/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2021年2Qのセキュ相談12%増 - 偽宅配業者SMS関連が大幅増
15.7%が1つのパスワードを使い回し - 半数は「2〜4種類」
「CODE BLUE 2021」はハイブリッド開催 - CFPも開始
テレワーク時の個人情報漏洩を防止するための教育用資料
マルウェアメール、日本が検出最多 - ESETまとめ
4人に3人が企業からのSMSを警戒 - スミッシング被害経験は4.9%
米NSA、セキュアなオンライン会議を導入するためのガイダンス
「JSAC2022」を2022年1月に開催、2日間に拡大 - CFPもスタート
「セキュリティ・キャンプ全国大会」、応募締切は5月31日
制御システムのリスク分析を解説するセミナー - IPA