Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

プレゼント応募者の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 関西テレビ

関西テレビ放送は、視聴者の個人情報が保存されたUSBメモリが所在不明となっていることを明らかにした。USBメモリのデータは暗号化されているという。

番組制作を委託しているメディアプルポにおいて、番組「モモコのOH!ソレ!み~よ!」のプレゼント企画に応募した視聴者の個人情報を含むUSBメモリの所在がわからなくなっていることが、関西テレビ放送によるUSBメモリの定期確認作業で判明したもの。

問題のUSBメモリには、2009年9月12日から2020年6月13日にかけて放送で実施した視聴者プレゼントの応募者のべ2491人分の氏名、住所、電話番号が保存されていた。USBメモリはハードウェアにより暗号化されており、データの閲覧には複数の手順が必要だとしている。

メディアプルポは、6月27日に事務所を移転しており、同USBメモリをほかの荷物と一緒に梱包、搬送していることから、移転先で梱包の開封過程で紛失した可能性が高いとしている。

同社では対象となる視聴者に対し、10月中に書面を通じて経緯の説明を行う予定。

(Security NEXT - 2020/10/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

職員が患者情報含む私物USBメモリを一時紛失 - 徳島市民病院
健診データ送付時に他事業所データを混入 - 報道健保
記者がUSBメモリ紛失、約10カ月後に発見され発覚 - 時事通信社
11年前の紛失個人情報、道などへ繰り返し匿名送付 - 5月にも3回
患者情報含むUSBメモリがスタッフルームで所在不明に - 福大筑紫病院
高校教諭が個人情報含むUSBメモリを紛失、匿名で届き判明 - 埼玉県
実習中の学生が個人情報含むUSBメモリを紛失 - 埼玉県大
在宅訪問診療所で患者情報含むUSBメモリを紛失 - 永平寺町
児童情報含むUSBメモリを紛失、匿名で届く - 大阪市
約10年前の紛失個人情報、11回にわたり匿名で届く - 北海道