Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性調査で個人情報が外部サービスに残存 - LINE

保存されていたのは18人分の個人情報で、メールアドレスや金融機関の口座情報のほか、LINEアプリにおけるユーザーの内部識別子、LINE GAMEに関するアプリ内部識別子やユーザー内部識別子、システム内管理番号、ゲーム内通貨残高、払い戻し受付日などが含まれる。

今回明らかとなった外部アーカイブに関しては、同社の脆弱性報奨金制度を通じて2020年9月20日に報告が寄せられた。同社は報告者や外部スキャンサービスに対し、関連するアーカイブデータの削除を求め、削除されたとしている。

さらに問題の発覚を受けて、外部スキャンサービスに協力を要請。アーカイブへのアクセス状況を調査したところ、2020年9月20日の直近については、同社従業員や報告者以外のアクセスは確認されていないという。

また外部スキャンサービス以外の検索エンジンや他アーカイブサイトに情報が保存されていないか確認を実施。関連する18人に対しては、メールを通じて事情の説明や謝罪を行っている。

記事修正のお知らせ:LINEによる訂正を受け、アクセスの制御に不備が存在した期間について修正を行いました(2020/09/30)

(Security NEXT - 2020/09/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

開示請求の照会文書を親会社へ誤送付 - 熊本労働局
出光クレジットの会員サイトで情報流出の可能性 - 外部サービスが改ざん
「かながわ旅割」に参加する旅行業者宛のメールで誤送信 - 神奈川県
メール誤送信で災害ボランティアのメアド流出 - 大阪市
教員アカウントが不正アクセス被害 - 埼玉大
非公開の個人情報を閲覧できるURLを別人に誤送信 - 東京都
電子カルテを目的外閲覧、外部漏洩した職員を処分 - 徳島県
同県サイトのオープンデータに個人情報、削除漏れで - 栃木県
申込フォームで設定ミス、入力内容が閲覧可能に - シェアリングエコノミー協会
委託先がメール誤送信、講座受講予定者のメアド流出 - 神奈川県