Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性調査で個人情報が外部サービスに残存 - LINE

LINEは、「LINE GAME」の払い戻し申請フォームより登録された個人情報が、第三者よりアクセス可能な状態になっていたことを明らかにした。2年以上前に対策を講じたが、その際の調査によって外部サービスにアーカイブが保存されたという。

同社によれば、2014年6月16日から2018年4月12日にかけて、アクセスの制御に不備があり、「LINE GAME」の終了タイトルに対する払い戻し申請フォームに登録された個人情報が、一時インターネット上からアクセス可能な状態となっていた。

社内点検で明らかとなったもので、同社では発覚した2018年4月12日に修正。同日以前に外部からのアクセスはなかったと同社では判断している。

一方で脆弱性の修正に向けた調査過程にミスがあり、ウェブサイトをスキャン、分析する外部サービスおよび同サービスによって露出した情報をもとに、外部よりクロールされたと見られる5件のアクセスがあったという。

外部スキャンサービスには、同日より2020年9月20日までアーカイブが保存され、個人情報が閲覧できる状態となっていた。

(Security NEXT - 2020/09/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

イベント参加者への案内メールでメアドが流出 - 酒田市
中学校で生徒のテスト結果一覧を誤配布 - 柏市
高校で学校説明会の申込者情報が閲覧可能に - 宮城県
都の電子申請システムで不具合 - 別人の教員選考受験票を表示
採用合格通知1件を誤って17人に送信、別人に送るミスも - Osaka Metro
離婚講座の申込者情報が本人以外から閲覧可能に、設定ミスで - 目黒区
「起業家育成事業」に申し込んだ中学生生徒の個人情報が閲覧可能に - 名古屋市
メール通知サービスで個人情報が閲覧できる脆弱性 - 第一生命
施設指定管理者、イベント案内メールをCC送信 - 三重県
ネット流出の可能性ある個人情報、対象件数を修正 - 沖縄の信販会社