Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性調査で個人情報が外部サービスに残存 - LINE

LINEは、「LINE GAME」の払い戻し申請フォームより登録された個人情報が、第三者よりアクセス可能な状態になっていたことを明らかにした。2年以上前に対策を講じたが、その際の調査によって外部サービスにアーカイブが保存されたという。

同社によれば、2014年6月16日から2018年4月12日にかけて、アクセスの制御に不備があり、「LINE GAME」の終了タイトルに対する払い戻し申請フォームに登録された個人情報が、一時インターネット上からアクセス可能な状態となっていた。

社内点検で明らかとなったもので、同社では発覚した2018年4月12日に修正。同日以前に外部からのアクセスはなかったと同社では判断している。

一方で脆弱性の修正に向けた調査過程にミスがあり、ウェブサイトをスキャン、分析する外部サービスおよび同サービスによって露出した情報をもとに、外部よりクロールされたと見られる5件のアクセスがあったという。

外部スキャンサービスには、同日より2020年9月20日までアーカイブが保存され、個人情報が閲覧できる状態となっていた。

(Security NEXT - 2020/09/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

群馬県、特別児童扶養手当受給者名簿を誤送付 - 「PPAP」裏目に
メール送信ミスでセミナー参加者のメールアドレスが流出 - 神奈川県
講演案内メールでメアド流出、7回送信 - 照明学会
ウェブ公開した記入用「ふるさと納税申込書」に個人情報 - 伊方町
複数職員が住基システムでコロナ患者情報を業務外閲覧 - 横手市
大阪府立高の緊急連絡受信メール、生徒からも閲覧可能に - 設定ミスで
議会への回答資料に個人情報、市サイトにも掲載 - 奈良市
県立高で成績一覧表を誤送信、無意識に保存したファイルと取り違え - 茨城県
総務省、「通信の秘密」漏洩でIIJに行政指導 - 2020年3月以降に6件
発表前に関連情報が流出したプレスリリースは871件 - PR TIMESが調査結果