Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

児童提出物を不適切に廃棄した小学校教諭など処分 - 新潟県

新潟県は、個人情報の取り扱いなどに問題があったとして、同県内小学校の教頭や教諭に対し、懲戒処分を実施した。

同県によれば、県内小学校の教頭が、2月にPTA役員22人の氏名、住所、電話番号など含む名簿を保存した校務用のUSBメモリを紛失したもの。市教委がUSBメモリの点検を実施した際に問題が発覚した。

校内情報管理規程に反して自身の机に問題のUSBメモリを保管。さらに無許可で校外に持ち出し、紛失したという。USBメモリにパスワードは設定されていた。今回の問題を受け、同県では同教頭を減給2カ月の懲戒処分とした。

また別の小学校では、6月に教諭が担任する児童24人の絵日記や学習プリントについて氏名などが記載されているにもかかわらず、家庭ゴミと一緒に居住地域外のゴミ捨て場に廃棄していたことが判明。指定のゴミ袋でなく、分別もされていなかったことから、ゴミ捨て場の管理者が中身を確認、発覚したという。

評価なども怠っており、同県では適切に事務処理を行っておらず、個人情報も流出したとして同教諭を停職1カ月の懲戒処分とした。

(Security NEXT - 2020/09/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含むUSBメモリ紛失、車上に置いたまま発車 - 加須市
プレゼント応募者の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 関西テレビ
教育センターで生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 新潟県
学生情報含むUSBメモリを紛失、ファイルにはパスワード - 名大
在宅業務のためUSBメモリを持ち出し紛失 - 岡山の小学校
データの受け渡し過程でバックアップデータ紛失 - 豊橋市
業務データ持ち出し、教委職員を懲戒処分 - 美幌町
小学校教員が帰宅途中に眠り込み、USBメモリなど紛失 - 川崎市
テレワーク目的で個人情報保存したUSBメモリを紛失 - 大阪府立高校
患者情報含む私物USBメモリが所在不明 - 広島市