Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏

CODE BLUE実行委員会は、10月29日、30日に開催を予定しているセキュリティカンファレンス「CODE BLUE 2020」の全講演者を発表した。

同イベントは、国内外のセキュリティ専門家が参加する国内発のセキュリティカンファレンス。新型コロナウイルス感染症の影響で今回はオンラインによる開催を予定しており、聴講料は無料となっている。

基調講演には、エセックス大学法学部の上級講師であるAudrey Guinchard氏が「脆弱性調査をサポートするためのサイバー犯罪法の改正。英国の経験とその後」をテーマに登壇。米Microsoftの検知レスポンスチームでシニアコンサルタントを務めるRuss Rogers氏の講演も予定されている。

さらに特別講演として台湾行政院デジタル担当であるAudrey Tang氏を招聘。メイントラックのほか、「Bluebox」「OpenTalks」の講演者も発表となった。

(Security NEXT - 2020/09/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メルマガにほかの受信者の氏名を表示 - 人材派遣会社
個人情報含む調査関係の名簿原本をコピー機に置き忘れ - 山口県
様式ファイルに新型コロナの患者情報、消去不十分で - 宮城県
「Apache Tomcat」に脆弱性 - 2月までの更新で修正済み
SonicWallのVPN製品に複数の脆弱性 - アップデートが公開
米政府、「CVE-2022-26925」を緊急対応リストから一時削除 - DCへの影響で
メール誤送信で委託先担当者のメアド流出 - 東京都
かんぽ生命を装う偽メールやSMSに注意
「Apache Tomcat」のクラスタリング運用に注意 - 必要に応じて対策を
「EC-CUBE」向けプラグイン「簡単ブログ for EC-CUBE4」に脆弱性