Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏

CODE BLUE実行委員会は、10月29日、30日に開催を予定しているセキュリティカンファレンス「CODE BLUE 2020」の全講演者を発表した。

同イベントは、国内外のセキュリティ専門家が参加する国内発のセキュリティカンファレンス。新型コロナウイルス感染症の影響で今回はオンラインによる開催を予定しており、聴講料は無料となっている。

基調講演には、エセックス大学法学部の上級講師であるAudrey Guinchard氏が「脆弱性調査をサポートするためのサイバー犯罪法の改正。英国の経験とその後」をテーマに登壇。米Microsoftの検知レスポンスチームでシニアコンサルタントを務めるRuss Rogers氏の講演も予定されている。

さらに特別講演として台湾行政院デジタル担当であるAudrey Tang氏を招聘。メイントラックのほか、「Bluebox」「OpenTalks」の講演者も発表となった。

(Security NEXT - 2020/09/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「JNSA賞」2名が受賞 - 3団体に特別賞
脆弱性DB「JVN iPedia」の4Q登録数 - 前四半期から減少
欧米当局、ランサム「Hive」を解体 - 捜査官が攻撃インフラに侵入
住基ネットの個人情報漏洩で職員を懲戒免職 - 杉並区
案内メールを「CC」送信、メアド流出 - 福島市スポーツ振興公社
調査受注者が貸与された個人情報含む資料を紛失 - 国交省
情セ大、「情報セキュリティ文化賞」の受賞者4名を発表
尼崎市、スマホ紛失の虚偽報告で懲戒処分 - 「USB紛失事案が頭をよぎり」
コンテナ管理プラットフォーム「Rancher」に深刻な脆弱性
macOS向けアップデート - 複数脆弱性を修正