Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スマホ決済「支払秘書」でなりすましによる不正チャージ

ウェルネットが提供するスマートデバイス向け決済サービス「支払秘書」において、なりすましが疑われるチャージが発生していたことがわかった。

同社では2017年8月よりサービスを開始し、2020年8月末の時点で37の金融機関と連携しているが、全サービス期間について調査を行ったところ、9月16日の時点で35口座において合計431万9574円のなりすましが疑われるチャージを確認した。

162万3134円に関しては不正対策システムにより未然に被害を防止。のこる269万6440円については不正に使用された可能性があり、同社では口座を停止した。

いずれも2019年8月以前にチャージされたもので、2019年9月以降は、なりすましが疑われる取引は確認されていないという。

(Security NEXT - 2020/09/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カステラ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
資金決済業者連携におけるクレカの不正防止対策GL - 日クレ協
小規模サイト、約1割「一切脆弱性対策せず」 - 対策不備で2割が被害経験
複数の釣り具通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出か
東電EPを偽装、「クレカでポイント」とだますフィッシング
宅配クリーニングに不正アクセス - 意図しない外部公開も
決済代行業者やコード決済事業者もPC IDSS準拠必須に
LINE、国外の個人データ保管やアクセス状況を説明 - 「ポリシー上に記載ある」
通販サイト「ゆとりの空間」、パスワード含む個人情報が流出か
アパレル資材B2Bサイトでクレカ情報流出か - アップロード機能の脆弱性突かれる