Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネット利用者半数超、パスワード文字数「8文字以下で安全」

パスワードの文字数について安全と思う文字数を聞いたところ、「8文字」が46.6%でもっとも多く、8文字以下で安全と思っている回答者が53.2%と半数を超えている。11文字以上とする回答は29.9%だった。

ワンタイムパスワードの使用経験を見ると、スマホアプリタイプの使用が40.9%でもっとも多く、「キーホルダー型(19.0%)」「カード型(16.9%)」「電卓型(14.8%)」が続く。20.6%は「使用経験がない」と答えている。

2段階認証を利用できる場合、どのようなサービスに利用したいと思うかという問いには、「ネットバンキング」が59.1%、次いで「クレジットカード会員サービス」が45.6%と多い。さらに「証券(19.4%)」「通信販売(18.9%)」「保険(15.8%)」が続いた。

本人認証における不満点としては、「ID、パスワードが認識されず不安、嫌と思った」が39.5%。「2段階認証が面倒」との意見も22.8%にのぼる。複雑なパスワードが設定できないという声が11.9%あったのに対し、簡単なパスワードが設定できないとの声も12.6%あった。

また、本人認証の方法について不安に感じたことがあるかという問いでは、44.7%が「何となく不安」と回答。「金銭を扱っているのに認証が簡単すぎて不安(16.2%)」「重要な個人情報を預けているのに簡単すぎて不安(17.3%)」との回答を合わせると78.2%が何らかの不安を抱えている。「不安を感じたことはない(32.7%)」と大きく差が開いた。

20200918_ap_002.jpg
安全と思うパスワードの文字数(グラフ:フィ対協)

(Security NEXT - 2020/09/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

テレワーク実施、2021年は2020年に比べて微減 - MMD研究所調べ
セキュリティ関連の相談、前四半期比44.6%減
2021年上半期のサイバー犯罪検挙は5345件 - 高水準で推移
2021年上半期の不正送金は376件 - 半数以上がOTP利用も被害
IPA、2021年前半の被害届出127件を公開 - ランサムや認証突破など
公共空間における安全なワイアレス通信でガイダンス - 米NSA
コロナ禍2度目の夏期休暇 - パッチチューズデーと重なるおそれも
「情報セキュリティ白書2021」のPDF版が公開に
小中学校配布端末でのトラブル、約2割が経験 - 加害者になってしまうケースも
2021年2Qのセキュ相談12%増 - 偽宅配業者SMS関連が大幅増