Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネット利用者半数超、パスワード文字数「8文字以下で安全」

パスワードの文字数について安全と思う文字数を聞いたところ、「8文字」が46.6%でもっとも多く、8文字以下で安全と思っている回答者が53.2%と半数を超えている。11文字以上とする回答は29.9%だった。

ワンタイムパスワードの使用経験を見ると、スマホアプリタイプの使用が40.9%でもっとも多く、「キーホルダー型(19.0%)」「カード型(16.9%)」「電卓型(14.8%)」が続く。20.6%は「使用経験がない」と答えている。

2段階認証を利用できる場合、どのようなサービスに利用したいと思うかという問いには、「ネットバンキング」が59.1%、次いで「クレジットカード会員サービス」が45.6%と多い。さらに「証券(19.4%)」「通信販売(18.9%)」「保険(15.8%)」が続いた。

本人認証における不満点としては、「ID、パスワードが認識されず不安、嫌と思った」が39.5%。「2段階認証が面倒」との意見も22.8%にのぼる。複雑なパスワードが設定できないという声が11.9%あったのに対し、簡単なパスワードが設定できないとの声も12.6%あった。

また、本人認証の方法について不安に感じたことがあるかという問いでは、44.7%が「何となく不安」と回答。「金銭を扱っているのに認証が簡単すぎて不安(16.2%)」「重要な個人情報を預けているのに簡単すぎて不安(17.3%)」との回答を合わせると78.2%が何らかの不安を抱えている。「不安を感じたことはない(32.7%)」と大きく差が開いた。

20200918_ap_002.jpg
安全と思うパスワードの文字数(グラフ:フィ対協)

(Security NEXT - 2020/09/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

警察庁、犯罪インフラ化する「SMS認証代行」の取り締まりを強化
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
小規模サイト、約1割「一切脆弱性対策せず」 - 対策不備で2割が被害経験
フィッシングで悪用されたブランド数が過去最多 - 報告やURLも大幅増
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
政府、ISP経由で国内Emotet感染者に注意喚起
33%がPWを使い回し、52%は似たPWを再利用 - F-Secure調査
フィッシングサイト、「偽Microsoft」が最多 - 「偽楽天」は3Qに急増
テレワークのセキュ課題、投資増とガバナンス - IPA調査
「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加