Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネット利用者半数超、パスワード文字数「8文字以下で安全」

インターネット利用者の半数超がパスワードの文字数について「8文字以下で安全」と考えていることがわかった。サービスの利用にあたり不安を感じており、安全性を重視する姿勢を示しつつも、手間やコストの負担には後ろ向きだった。

フィッシング対策協議会が、インターネットサービス利用者を対象に認証方法に関するアンケート調査を2月28日から3月2日にかけてオンラインで実施し、結果を取りまとめたもの。18歳から69歳までのインターネットサービス利用者562人が回答した。

同調査によると、SNSや「Google」「Yahoo!」といったポータルサイトのアカウントを利用し、他サービスへ会員登録やログインするいわゆる「ID連携」や「ソーシャルログイン」を利用している割合は59.4%と6割近くにのぼった。特に18歳から29歳までは77.5%と8割近くにのぼり、30代も73.0%と利用率が高い。

サービスにおいて、「ログインした状態にしておく」設定ができる場合、34.3%が設定すると回答。特に18歳から29歳までは49.5%と高い割合を示している。

ブラウザにパスワードを記憶させている利用者は36.7%。「利用するサービスによって変える」を含めると78%がブラウザにパスワードを記憶させており、記憶させないとの回答は22.1%だった。

20200918_ap_001.jpg
ソーシャルログイン、ID連携の利用状況(グラフ:フィ対協)

(Security NEXT - 2020/09/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2022年1Qのセキュ相談、前四半期比4割増 - Emotet関連が約54.7倍
2021年の不正アクセス認知は1516件 - 前年から約46%減
中小企業の3分の1、直近3年間のセキュ投資ゼロ - 「必要性を感じない」
ソフト全般「脆弱性」対策の必要性、PC利用者で約6割が認知
PPAPメール、14.4%が受信を禁止 - 今後3割が禁止予定
「ProjectWEB」を廃止、脆弱性の件数や詳細は明かさず - 富士通
緊張高まる国際情勢を受けてセキュリティ対策強化呼びかけ - 経産省
政府、大会関係者に北京五輪公式アプリ利用で注意喚起 - 期間中の攻撃にも警戒を
2021年のマルウェア届出、前年の2倍 - ランサム感染被害は39件
「サイバーセキュリティ月間」が開始、マクロスとタイアップ - 「おぼえていますか」と対策をアピール