Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネット利用者半数超、パスワード文字数「8文字以下で安全」

インターネット利用者の半数超がパスワードの文字数について「8文字以下で安全」と考えていることがわかった。サービスの利用にあたり不安を感じており、安全性を重視する姿勢を示しつつも、手間やコストの負担には後ろ向きだった。

フィッシング対策協議会が、インターネットサービス利用者を対象に認証方法に関するアンケート調査を2月28日から3月2日にかけてオンラインで実施し、結果を取りまとめたもの。18歳から69歳までのインターネットサービス利用者562人が回答した。

同調査によると、SNSや「Google」「Yahoo!」といったポータルサイトのアカウントを利用し、他サービスへ会員登録やログインするいわゆる「ID連携」や「ソーシャルログイン」を利用している割合は59.4%と6割近くにのぼった。特に18歳から29歳までは77.5%と8割近くにのぼり、30代も73.0%と利用率が高い。

サービスにおいて、「ログインした状態にしておく」設定ができる場合、34.3%が設定すると回答。特に18歳から29歳までは49.5%と高い割合を示している。

ブラウザにパスワードを記憶させている利用者は36.7%。「利用するサービスによって変える」を含めると78%がブラウザにパスワードを記憶させており、記憶させないとの回答は22.1%だった。

20200918_ap_001.jpg
ソーシャルログイン、ID連携の利用状況(グラフ:フィ対協)

(Security NEXT - 2020/09/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

大量スパム配信から「Emotet」に攻撃トレンドがシフト - OS非標準のzip暗号化で検知回避か
セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
2020年2Q、67%のマルウェア亜種が定義ファイルを回避
8割超のユーザーがパスワードを使い回し - 「忘れてしまう」「面倒」
資金移動業者との連携について会員行に注意喚起 - 全銀協
総務省、「NOTICE」調査を拡大 - 試行パスワードを約600種類に
政府の脆弱IoT機器調査「NOTICE」、2月20日から - イメージキャラクターにカンニング竹山さん
ネット接続機器の脆弱性対処法は? - 開発者や消費者向けにガイドブック
新型コロナ便乗サイバー攻撃、3カ月で40倍
標的型攻撃のレスキュー支援、2019年度は139件