Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府、中小企業向けにテレワークセキュ対策の手引 - 予算少ない組織も想定

総務省は、中小企業などでテレワークを導入するにあたり、最低限実施すべきセキュリティ対策などを取りまとめた手引きを公開した。予算やセキュリティ体制が必ずしも十分ではない場合も想定して作成しており、チェックリストも用意している。

同省では、これまでもテレワークにおけるセキュリティ対策の指針として「テレワークセキュリティガイドライン」を公表しているが、より実践的で優先的に取り組む必要があるセキュリティ対策を解説した「中小企業等担当者向けテレワークセキュリティの手引き(チェックリスト)」を公表したもの。

同資料では、テレワークの方法や想定される脅威について解説。対策を行う上でのチェックリストを用意した。予算やセキュリティ体制が必ずしも十分ではない中小企業なども想定。優先度の考え方や、設定例なども収録している。またオンライン会議で利用されることの多い「Cisco Webex」「Microsoft Teams」「Zoom」について、安全に利用できるよう各製品ごとに設定のチェックリストを用意した。

これら資料は、総務省のウェブサイト「テレワークにおけるセキュリティ確保」よりPDFファイルにてダウンロードすることができる。

(Security NEXT - 2020/09/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「セキュリティ10大脅威2024」 - 個人の脅威は順位表示を廃止
年末年始に備え、セキュリティ対策を - 月例パッチは年明け1月9日
2023年のテレワーク実施率は14.6% - 3年間でほぼ横ばい
政府セキュリティ統一基準が改定 - 委託先が担保すべき対策を明確化
中小企業向けセキュリティ対策ガイドラインが約4年ぶりに改訂 - インシデント対応の手引きも
「10大脅威」の解説資料が公開 - 自組織に応じた対策を
「情報セキュリティ10大脅威 2023」 - 組織は「ランサム」が引き続き首位
年末年始に向けてセキュリティ体制のチェックを
IPA、教則本「情報セキュリティ読本」を4年ぶりに改訂
テレワークで機密情報の特例持出が増加 - ルール遵守、半数近くが「自己確認」のみ