Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新型コロナ感染症発生届のファックスを誤送信 - 名古屋市

名古屋市は、新型コロナウイルス感染症に感染した疑いのある人の個人情報が含まれる文書を、第三者へファックスで誤送信したことを明らかにした。

同市によれば、8月25日9時ごろ、昭和区保健福祉センター保健予防課において、医療機関より届けられた新型コロナウイルス感染症発生届(疑似症例)を、居住地の保健センターへファックスで送信する際、職員の操作ミスにより誤送信が発生したもの。誤送信先から連絡があり判明した。

誤送信したのは、新型コロナウイルス感染症に感染した疑いがある3人の氏名、住所、電話番号、生年月日、職業など。ファックスを送信する際、液晶画面の送信先以外のボタンを誤って押してしまい、関係ない宛先にも送信してしまったという。

同市では誤送信先に連絡し、謝罪したうえで、誤送信した文書を回収し廃棄した。個人情報が流出した3人には、書面まや口頭で経緯を説明し、謝罪したという。

(Security NEXT - 2020/09/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

保健所で新型コロナ接触者情報が流出 - 岐阜県
新型コロナ拡大防止協力金申請者情報が流出 - 神奈川県
新型コロナ陽性者リストが流出、アクセス権設定でミス - 福岡県
コロナ宿泊療養施設で患者情報を誤送信 - 奈良県
保健所で新コロ濃厚接触者リストを誤送信 - 大阪府
新型コロナ患者情報を無関係パンフに誤添付 - 福岡市保健所
新コロ自宅療養者の個人情報流出など事故3件を公表 - 大阪府
新型コロナ宿泊療養者の個人情報を誤送信 - 山口県
新コロ被検査者名簿を一時紛失、ドライブスルー検査で飛散 - 名古屋市
新型コロナ陽性者2515人の関連情報を誤掲載 - 川崎市