Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新型コロナ感染症発生届のファックスを誤送信 - 名古屋市

名古屋市は、新型コロナウイルス感染症に感染した疑いのある人の個人情報が含まれる文書を、第三者へファックスで誤送信したことを明らかにした。

同市によれば、8月25日9時ごろ、昭和区保健福祉センター保健予防課において、医療機関より届けられた新型コロナウイルス感染症発生届(疑似症例)を、居住地の保健センターへファックスで送信する際、職員の操作ミスにより誤送信が発生したもの。誤送信先から連絡があり判明した。

誤送信したのは、新型コロナウイルス感染症に感染した疑いがある3人の氏名、住所、電話番号、生年月日、職業など。ファックスを送信する際、液晶画面の送信先以外のボタンを誤って押してしまい、関係ない宛先にも送信してしまったという。

同市では誤送信先に連絡し、謝罪したうえで、誤送信した文書を回収し廃棄した。個人情報が流出した3人には、書面まや口頭で経緯を説明し、謝罪したという。

(Security NEXT - 2020/09/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

LINEのチケット制ライブサービスで握手会動画が流出 - CDNから取得か
公開講座申込者のメールアドレスが流出 - 福井県立大
新型コロナ感染者の個人情報を報道機関へ誤送信 - 横浜市
医師がワクチン接種予診票を地下鉄内で紛失 - 商業施設トイレで見つかる
個人情報含むワクチン接種案内メールを誤送信 - 東京都
新型コロナ特例貸付の申請者情報を誤送信 - スキャンデータ取り違え
新型コロナ対策補助金の申請者メアドが流出 - 滋賀県
4月から5月の個人情報関連ミスは9件 - 大阪市
公演中止の案内メールでメールアドレスが流出 - 掛川市文化財団
新型コロナ関連の「就業制限」や「消毒」通知書を誤送付