Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国内組織で「HIDDEN COBRA」のマルウェアを観測 - ファイルサイズは約150Mバイト

別名「Lazarus」としても知られ、北朝鮮の関与が疑われる攻撃グループ「HIDDEN COBRA」による国内組織を狙った攻撃が観測された。

20200831_jp_001.jpg
マルウェアの挙動(図:JPCERT/CC)

JPCERTコーディネーションセンターが明らかにしたもの。

攻撃に利用されたマルウェアを解析し、通信先など関連する「IoC(Indicators of Compromise)」情報を公開するとともに注意喚起を行った。

同センターによれば、今回確認された攻撃ではネットワークの侵入時と侵入後で異なるマルウェアを使用。今回は侵入後に使用されたマルウェアの解析情報を明らかにした。

同マルウェアは、感染後サービスとして動作し、外部のコマンド&コントロール(C&C)サーバよりモジュールをダウンロードするしくみだった。

(Security NEXT - 2020/08/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米政府、北朝鮮関与「BeagleBoyz」に注意喚起 - 金融機関狙う「FASTCash 2.0」を展開か
米政府、マルウェア「BLINDINGCAN」のIoC情報を公開 - 北朝鮮関与か
標的型メール攻撃で感染する「Konni」に警戒呼びかけ - 米政府
経済制裁下でサイバー攻撃への依存高める北朝鮮 - 米政府が対策呼びかけ
国際金融取引システムの不正送金に北朝鮮「APT38」が関与 - 外交交渉の裏で止まぬ攻撃
国家関与のサイバー攻撃、新型コロナ問題に便乗 - 中国のグループも
北朝鮮関与の複数マルウェア、米政府が分析情報
「7pay不正アクセス事件」は約6割が認知 - 「スミッシング」は3割届かず
北朝鮮「HIDDEN COBRA」関与のトロイの木馬「HOPLIGHT」 - 米政府がIoC公開
「Chrome」ゼロデイ脆弱性、水飲み場攻撃「WizardOpium作戦」に悪用