Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

テレワーク環境のセキュ対策診断サービス - IIJ

インターネットイニシアティブ(IIJ)は、組織のテレワーク環境についてセキュリティ上のリスクを診断、可視化するソリューションを提供する。

「IIJテレワーク環境セキュリティアセスメントプログラム」は、テレワークを実施している従業員のクライアント環境を対象にアンケートを実施し、リスク状況を可視化するソリューション。

情報漏洩や不正アクセス、マルウェア感染など脅威面や、PCやネットワークの設定、書類の管理など対策面より各項目の達成度を分析し、推奨する対策を示す。

アセスメントの実施期間は、キックオフから結果報告会まで約1カ月としており、料金は1テレワークシステムあたり20万円(税抜)。

(Security NEXT - 2020/08/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ監視やヘルプデスクの運用サービス - SCSKサービスウェア
名古屋大と車載イーサネット分野の共同研究を開始 - セキュアイノベーション
銀行のサイバーセキュリティに特化したパッケージ - イエラエ
侵害リスクの高い機器を特定するサービスを提供 - デロイトトーマツ
組織のセキュリティ対応方針を支援するサービス - サイバーリーズン
復号化せずに「SSL/TLS」を用いたDDoS攻撃を防御 - Radware
「金融犯罪対策コンサルティングサービス」を提供 - ラック
サプライチェーンのセキュリティ評価サービスを機能強化 - NRIセキュア
Akamai、WAFとAPI防御を統合したWAAP「App & API Protector」を発表
インシデント対応体制を評価する新サービス - サイバーリーズン