Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メールアカウントに不正アクセス、スパム踏み台に - 岡山大

岡山大学は、一部メールアカウントが不正アクセスを受け、迷惑メール送信の踏み台に悪用されたことを明らかにした。

同大によれば、メールアカウント1件のパスワードが窃取されて不正アクセスを受け、8月24日16時半ごろから20時過ぎにかけて、約2000件の迷惑メールが送信されたもの。

送信された一部メールには、マルウェアを含むファイルが添付されている可能性があるという。メールの内容を閲覧されたり、個人情報をはじめとする機密情報の流出は確認されていないとしている。

同大では、迷惑メールを受信した場合は、添付ファイルを開封したり、本文に記載されたURLなどはクリックせず、メールを削除するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/08/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

矢野経済研究所に不正アクセス - SQLi攻撃でアカウント情報が流出
富士通クラウドサービスへの攻撃 - 侵入の痕跡見つかる
サイト改ざんで迷惑メール送信の踏み台に - リサイクル事業者
クラウド利用機器にサイバー攻撃、脆弱性公表から3日後に - 富士通
メールアカウントに不正アクセス、スパムの踏み台に - サエラ薬局
複数自治体が導入進めるクラウドがスパム踏み台に - メンテ時の設定ミスで
防災システムへの不正アクセス、スパム約31万件が送信される - 新潟県
不正アクセスで約57万件の迷惑メール送信 - 群大
アカウント2件に不正アクセス、スパム踏み台に - 早稲田システム開発
複数従業員のメールアカウントに不正アクセス - モリサワ