Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

LINEでURLの危険度を判定する無償サービス - トレンド

トレンドマイクロは、LINE向けセキュリティサービス「ウイルスバスターチェック!」の無償提供を開始した。

同サービスは、LINE上で同サービスのアカウント「@trendmicro_vbcheck」を友だちに追加することで、LINEのトーク画面から利用できるセキュリティサービス。

LINE上で同サービスのアカウント宛てにURLを送付すると、同社データベースと照らし合わせ、「危険な可能性が高いサイト」「リスクがあるサイト」「安全な可能性が高いサイト」「未評価のサイト」の4段階で判定する。

ショートメッセージサービス(SMS)やメール、SNSなど、LINE以外に届いたURLでも、コピーしてトーク画面に貼り付けることで利用できる。

同サービスのアカウントをLINEグループに追加すると、グループの参加者が危険性が高いサイトやリスクがあるサイトのURLを投稿した場合に、グループ内のユーザー全員に判定結果を通知する。

またインターネット上へ流出した情報にメールアドレスが含まれていないか確認する機能を用意。メールアドレスを送信することで、あわせて流出しているパスワードやユーザー名、氏名、住所、電話番号などの流出数を通知する。

(Security NEXT - 2020/08/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ビルシステムのセキュリティ対策カタログをリリース - CSSC
ファイル転送サービス「Kozutumi」を提供開始 - ハートビーツ
AWS向けFWマネージドサービスの国内展開を開始 - パロアルト
SB、スミッシング対策を無償提供 - アルファベット発信元の拒否にも対応
クラウド処理を活用、「PAN-OS 10.2 Nebula」をリリース - パロアルト
「Log4Shell」の診断サービスを期間限定で - セキュアブレイン
ドコモ、スミッシングを拒否設定 - 申込不要で自動設定
トレンドがLog4Shell無料診断ツール - エンドポイントとウェブアプリに対応
「Log4Shell」の有無やログ内の攻撃痕跡を無料調査 - SHIFT SECURITY
ウェブアプリ開発プロセスでの利用を想定した脆弱性検査サービス