Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

LINEでURLの危険度を判定する無償サービス - トレンド

トレンドマイクロは、LINE向けセキュリティサービス「ウイルスバスターチェック!」の無償提供を開始した。

同サービスは、LINE上で同サービスのアカウント「@trendmicro_vbcheck」を友だちに追加することで、LINEのトーク画面から利用できるセキュリティサービス。

LINE上で同サービスのアカウント宛てにURLを送付すると、同社データベースと照らし合わせ、「危険な可能性が高いサイト」「リスクがあるサイト」「安全な可能性が高いサイト」「未評価のサイト」の4段階で判定する。

ショートメッセージサービス(SMS)やメール、SNSなど、LINE以外に届いたURLでも、コピーしてトーク画面に貼り付けることで利用できる。

同サービスのアカウントをLINEグループに追加すると、グループの参加者が危険性が高いサイトやリスクがあるサイトのURLを投稿した場合に、グループ内のユーザー全員に判定結果を通知する。

またインターネット上へ流出した情報にメールアドレスが含まれていないか確認する機能を用意。メールアドレスを送信することで、あわせて流出しているパスワードやユーザー名、氏名、住所、電話番号などの流出数を通知する。

(Security NEXT - 2020/08/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ウェブアプリ開発プロセスでの利用を想定した脆弱性検査サービス
アップデートでルータにセキュリティ機能を追加 - アライドテレシス
サンドボックスなど利用したクラウド向け脅威対策サービス - NTT東
5GやLTEにも適用できるフィルタリングサービス - ドコモ
「GUARDIANWALL」に添付ファイルのダウンロードリンク化機能
ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
フィッシング詐欺やスパイウェアに対応 - Norton最新シリーズ
ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ
脅威情報の売買プラットフォームで実証実験 - NTTコム
クリック時にクイズで教育するフィッシングトレーニング - 仏Vade