Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Log4Shell」の診断サービスを期間限定で - セキュアブレイン

セキュアブレインは、ログ記録ライブラリ「Apache Log4j」に別名「Log4Shell」として知られる脆弱性「CVE-2021-44228」が明らかとなった問題で、同脆弱性を診断する無償サービスを1月31日より期間限定で提供する。

同社のサイト脆弱性診断サービス「GRED Webセキュリティ診断Cloud」において、機能を制限したトライアル版を3月31日まで企業を対象に期間限定で無償提供するもの。

自組織の1ホストに対して「オンデマンドスキャン」を1回のみ無償で提供する。初期設定を行い、ウェブサイトのURLを入力することで診断し、ポータルサイトより診断結果やレポートを参照できる。

また診断対象のドメイン数を5件、5回までとする製品版についても3月31日まで3万8000円(税別)の特別価格で提供する。

(Security NEXT - 2022/01/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「静岡銀行」装うフィッシング攻撃 - 取引目的の確認などと誘導
「Drupal」のコアやモジュールに脆弱性 - 情報漏洩のおそれ
2022年4Qの脆弱性届出 - ソフトとサイトいずれも減少
コラボレーションツール「Cisco Unified CM」に脆弱性
「Git」にアップデート、複数の深刻な脆弱性に対処
個人情報含む調査票を誤発送、封入ミスで - 調布市
非常災害時用端末を用いて他社顧客情報を閲覧 - 九州電力
TP-Link製の一部ルータに深刻な脆弱性 - アップデート未提供
Oracle、「Java SE」や「Oracle GraalVM Enterprise Edition」の脆弱性を修正
大学院入試問題や個人情報が学内クラウドで閲覧可能に - 琉球大学