Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

異なる認定こども園へ書類を誤送付 - 大阪府

大阪市は、認定こども園における教育・保育給付費の支給に関連し、個人情報を含む書類の送付ミスが発生したことを公表した。

同市によれば、施設へ給付費を支給するため、8月14日に「支弁額内訳計算書」や利用児童の個人情報が記載された明細書類を送付したが、一部で別の認定こども園に送付するミスがあったという。

同書類には、認定こども園の利用児童15人分の氏名や生年月日、保育必要量、入所年月日、副食費徴収の有無などが記載されている。

受け取った認定こども園から連絡があり問題が判明。同市では誤送付した書類を回収し、本来の送付先となる認定こども園へわたした。今回の問題を受け、同市では対象となる児童の保護者に対し、事情を説明するとともに謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2020/08/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数自治体で新型コロナ患者情報の誤送付が発生
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
保健所で新型コロナ接触者情報が流出 - 岐阜県
2020年12月は個人情報関連の事務処理ミスが22件発生 - 横浜市
ふるさと納税の受納証明書600人分を別人へ誤送付 - みやき町
検討会の傍聴申込メールを誤送信 - 総務省
ふるさと納税関連書類を誤送付、封入ミスで - 雨竜町
個人情報記載の乳がん検診受診票を誤送付 - 墨田区
DV被害者の個人情報を加害者へ誤送付 - 札幌市
誤送付や紛失など個人情報の関連事故15件 - 大阪市