Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Ciscoの複数ネットワーク管理製品に深刻な脆弱性 - 認証回避や遠隔操作のおそれ

一方、同社のSD-WANソリューションである「Cisco SD-WAN Solution Software」では、細工したパケットによりバッファオーバーフローが生じる脆弱性「CVE-2020-3375」が判明した。「CVSSv3」のベーススコアは「9.8」、重要度は「クリティカル(Critical)」。脆弱性を悪用することで、認証なしにリモートよりroot権限でコマンドの実行など操作が可能になるという。

さらに管理ツールである「Cisco SD-WAN vManage Software」のウェブ管理インタフェースにおいても認証回避の脆弱性「CVE-2020-3374」が判明した。「CVSSv3」のベーススコアは「9.9」とさらに高く、重要度は「クリティカル(Critical)」。

悪用にはユーザー認証が必要となるが、HTTP通信を細工して認証をバイパスすることで、本来持つ権限以上の操作がリモートより可能。機密情報の漏洩や設定の変更などが行われるおそれがある。

同社はこれら製品に関して脆弱性を修正するアップデートをリリース。利用者へ注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/08/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

機密情報管理の「HashiCorp Vault」に脆弱性 - アップデートを
「PHP 8.1.11/7.4.32」が公開に - 複数の脆弱性を解消
WAFルールセット「OWASP CRS」に深刻な脆弱性 - 「ModSecurity」とあわせて更新を
モジュール型WAF「ModSecurity」がアップデート - セキュリティ上の複数問題へ対処
Google、「Chrome 106」をリリース - セキュリティ関連で20件の修正
「FFmpeg」に脆弱性、悪意あるmp4ファイルでコード実行のおそれ
XMLパーサーのライブラリ「libexpat」に深刻な脆弱性
Forcepoint DLPにXXE脆弱性 - 複数製品に影響
開発言語「Go」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
「Apache Calcite」の一部演算子処理に深刻な脆弱性