Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JSSEC、セキュリティフォーラムをオンライン開催

日本スマートフォンセキュリティ協会(JSSEC)とセキュアIoTプラットフォーム協議会(SIOTP)は、「セキュリティフォーラム2020」を9月3日にオンラインで開催する。

同フォーラムは、「デジタルトランスフォーメーション(DX)」や「Society 5.0」「IoT活用」におけるセキュリティの現状や課題などをテーマとしたカンファレンスイベント。新型コロナウイルス感染症の拡大により一旦中止となったが、一部講演内容を変更し、オンラインで開催することとなった。

情報通信研究機構サイバーセキュリティ研究所サイバーセキュリティ研究室長の井上大介氏による基調講演や、NECプラットフォームズの主席セキュリティオーガナイザで「セキュア生産」の普及に取り組む渡辺裕之氏の特別講演のほか、パネルディスカッションを予定している。

定員は200名で参加費は無料だが、事前登録が必要。イベントの詳細や申し込みは、イベント案内ページから。

(Security NEXT - 2020/07/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

クラウドのセキュリティ責任共有モデルをテーマにセミナー開催 - DBSC
「CODE BLUE 2021」基調講演にデジタル庁CISOの坂明氏 - 会場限定セッションも
「JAPANSecuritySummit 2021」をオンライン開催
IPA、「IPAデジタルシンポジウム2021」を開催 - 「DX」を中心にセキュリティなど議論
CODE BLUE 2021の講演者を発表 - 「ProxyLogon」発見者も登壇
最新Androidのプライバシー機能など解説 - JSSECオンラインセミナー
IPA、「情報セキュリティ白書2021」を発行 - 無料PDF版も提供予定
「CODE BLUE 2021」はハイブリッド開催 - CFPも開始
「JSAC2022」を2022年1月に開催、2日間に拡大 - CFPもスタート
JSSECとSIOTP、6月にオンラインフォーラムを開催