Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JSSEC、セキュリティフォーラムをオンライン開催

日本スマートフォンセキュリティ協会(JSSEC)とセキュアIoTプラットフォーム協議会(SIOTP)は、「セキュリティフォーラム2020」を9月3日にオンラインで開催する。

同フォーラムは、「デジタルトランスフォーメーション(DX)」や「Society 5.0」「IoT活用」におけるセキュリティの現状や課題などをテーマとしたカンファレンスイベント。新型コロナウイルス感染症の拡大により一旦中止となったが、一部講演内容を変更し、オンラインで開催することとなった。

情報通信研究機構サイバーセキュリティ研究所サイバーセキュリティ研究室長の井上大介氏による基調講演や、NECプラットフォームズの主席セキュリティオーガナイザで「セキュア生産」の普及に取り組む渡辺裕之氏の特別講演のほか、パネルディスカッションを予定している。

定員は200名で参加費は無料だが、事前登録が必要。イベントの詳細や申し込みは、イベント案内ページから。

(Security NEXT - 2020/07/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「JSAC2023」参加者登録がスタート - 一部講演内容も明らかに
取材や講演会依頼装う標的型攻撃 - 「コロナで中止」とつじつま合わせ
「セキュリティプレゼンターカンファレンス」をハイブリッド開催 - IPA
「制御システムセキュリティカンファレンス」の参加者募集がスタート
NCA、CSIRTが集う年次イベントを開催 - 非加盟でもオンライン参加可能
「SECCON」と「BSides Tokyo」が講演者の募集を開始
まもなく「CODE BLUE」が開催、講演テーマから浮かび上がる社会的課題
「JAPANSecuritySummit 2022」、10月24日よりオンデマンドで開催
「JPAAWG 5th General Meeting」、11月にハイブリッド開催
「CODE BLUE 2022」の全24セッションが決定