Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スマートホーム向けセキュリティ対策GLでパブコメ - 経産省

経済産業省は、「スマートホームの安心・安全に向けたサイバー・フィジカル・セキュリティ対策ガイドライン」のパブリックコメント案を公開し、意見募集を開始した。

同ガイドラインは、スマートホームにおけるサイバー空間と物理空間のセキュリティ対策や、各ステークホルダーが考慮すべき最低限の対策について取りまとめたもの。スマートホーム提供事業者、スマートホーム向けIoT機器の事業者やサービス事業者、スマートホームの居住者などを対象としている。

スマートホーム分野において、IoT機器を通じたさまざまなサービスを受ける上で生じる情報漏洩、サイバー攻撃、物理空間への被害などに対するガイドを整備し、スマートホーム居住者の安全の確保を目指している。

同省では、同ガイドラインについてパブリックコメントを実施し、8月31日まで意見を募集する。募集要項など詳細は、電子政府の総合窓口「e-Gov」の意見提出フォームから。

(Security NEXT - 2020/07/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

公共空間における安全なワイアレス通信でガイダンス - 米NSA
ゲーム事業者への攻撃が増加 - ただしDDoS攻撃は減少
2021年2Qの脆弱性届出は307件 - ソフトウェアとサイトともに増加
15.7%が1つのパスワードを使い回し - 半数は「2〜4種類」
「スマートシティセキュリティガイドライン」1年待たず改定
スマホ運用のセキュリティ対策チェックシートに新版 - JSSEC
JSSECとSIOTP、6月にオンラインフォーラムを開催
総務省、「スマートシティセキュリティGL」改定案を公開 - 意見を募集
2021年1Q、脆弱性届出は252件 - サイト関連が大きく減少
スピーディで手軽な「eKYC」 - 「個人情報漏洩」への不安も